洋服コラム

骨格ウェーブに似合うスカートの選び方。似合わないアイテムを着こなすコツも紹介

「骨格ウェーブは、どんなスカートが似合うの?」

自分の骨格タイプがわかったら、実際にどんなアイテムが似合うのか、気になりますよね。

この記事では、骨格診断ウェーブに似合うスカートの選び方をまとめました。

また、骨格ウェーブに、似合わないといわれるスカートの着こなし方も、紹介します。

アイテムの選び方やコーディネートで、スタイルを良く見せたり、垢ぬけて見せたりできます。ぜひ、毎日の着こなしに取り入れてみてください!

骨格ウェーブの特徴

骨格ウェーブは、フェミニンで、曲線的なボディラインが特徴の骨格タイプ。

全身でみると、上半身が華奢ですが、下半身にボリュームがあります。

ウェーブの特徴

骨格ウェーブは、筋肉がつきにくく、脂肪がつきやすいです。また、肌がやわらかく、ふわっとしています。

また、首が長く細くて、肩が薄いため、上半身が華奢。

その反面、胸やウエストの位置が他のタイプと比べて低いので、下に重心がいき、「下半身太りして見える」のが悩みです。

ちなみに、芸能人では、つぎのような人が骨格ウェーブタイプ。

骨格ウェーブの芸能人

新垣結衣さん、北川景子さん、戸田恵梨香さん、桐谷美玲さん、小松菜奈さんなど

芸能人で挙げると、骨格ウェーブはフェミニンや、ガーリーな印象が強いのが、わかりやすいですよね。

同じ骨格の芸能人の真似をするのも、おすすめの方法です。

そんな、骨格ウェーブの人が「事故らない」着こなしは、つぎのポイントが大切。

骨格ウェーブに似合う、着こなしのポイント
  • やわらかい肌質や、曲線的なボディラインに似合う、素材や形を選ぶ
  • 上半身はボリュームのあるもの・華やかなものを選んで、華奢に見せる
  • 下半身は軽やかに見せて、上半身とのバランスをとる

このポイントを意識して、コーディネートを選んでみてください。

とはいえ、「具体的なアイテムやコーディネート例を知りたい」、「持っているスカートがしっくりこないけれど、デザインがすきだから、着こなしたい」と思いますよね。

ここからは、具体的に、骨格ウェーブの人が似合うスカートの特徴や、着こなし方を紹介します。

骨格ウェーブに似合うスカートの素材

骨格ウェーブは、肌質と似ている、やわらかな素材が似合います。

とくにスカートは、下半身のボリュームをおさえるために、やわらかく空気感のあるものを選ぶのがポイントです。

Xラインのコーディネート

春夏なら、チュールやシフォン、レースなど、軽やかで透け感のあるものがおすすめ。フェミニンな雰囲気にもよく似合います。

秋冬なら、ツイード、アンゴラ、モヘア素材。暖かいけれど、ふんわりとしているので、骨格ウェーブに馴染みやすいですよ。

ウェーブにおすすめの素材

レース・シフォン・チュール・ツイード・モヘア・アンゴラetc

骨格ウェーブに似合うスカートの丈感

骨格ウェーブは、バストやウエストの位置が低いため、重心が下に行きがち。

そのため、ミニ丈のスカートで目線を上にあげるのがポイント。

スカートとタイツの女性

「下半身にボリュームがあるなら、足を隠したほうがいいんじゃない?」

と思う人もいると思いますが、足は出したほうが、軽くみえるので、思い切って出してくださいね!

それでも、ミニ丈に抵抗がある人は、ふくらはぎや足首が見える、膝下丈を選びましょう。

おすすめのスカートの丈感

ミニスカート・膝丈スカート

骨格ウェーブにおすすめのスカートの形

他の骨格は、スカートの形に得意・不得意がありますが、ウェーブは丈感と素材、そしてウエストの位置さえ気をつければ、特筆して苦手なスカートの形は少ないです。

骨格ウェーブはウエスト位置が低く、足が短く見えやすいため、ウエスト位置が高めのものを選んで、カバーしましょう!

このポイントを押さえたうえで、おすすめするなら、ミニ丈の台形スカート、プリーツスカート、フレアスカートなどのふんわり広がる形のもの。

広がるスカートは空気感があるので、より足元が軽やかに見えますよ!

おすすめのスカートの形

台形スカート・プリーツスカート・フレアスカート

関連記事
MAMI
MAMI
スカート以外にも、似合うアイテムや着こなしを知りたい人は、こちらも読んでみてくださいね。

骨格ウェーブが苦手なスカート

似合うスカートがあるぶん、苦手なアイテムも、もちろんあります。

ここからは、骨格ウェーブが苦手とされる、スカートを見ていきましょう。

ハリのある素材が苦手

骨格ウェーブは、レースやシフォンなどのふんわりした素材が得意なぶん、ハリのある素材が苦手です。

レザー、リネン、デニムなど、かたい生地はできるだけ避けましょう。

デニムスカート

もし、ハリのある素材をコーデに取り入れたいときは、メインのアイテムでは避けて、バッグや靴などの小物で、すこし取り入れるのがおすすめです。

くしゅっとしたしわ加工・ナチュラルな素材も苦手

くしゅくしゅした素材やナチュラルな素材は、苦手な傾向です。

ナチュラルなデザインのスカート

骨格ウェーブのやわらかい肌質や、曲線的な体系となじみにくいのが原因。

また、ナチュラル素材は厚手の素材が多いので、重たく見えやすいんですね。

最近よく見かける、洗いざらしの素材や、しわ加工のスカートなどは、できるだけ避けましょう。

ミニはOKだけれど膝上丈はNG

骨格ウェーブは、太もも程度の長さのミニスカートは似合いますが、膝より少し上の丈のスカートは苦手です。

ひざ丈スカート

膝上丈は、ウエストや腰の位置が低く見えてしまうんです。そのため、足を出しても下半身が重たく見えてしまうんですね……。

そのため、重心を上げて見える、ミニ丈か膝下丈を選ぶのが、バランスがよくなりおすすめです!

足首の見えないロングスカートは慎重に

ふくらはぎや足首がかくれて重たく見えすぎてしまう、ロング丈も骨格ウェーブに似合いにくいです。

マキシ丈スカート

ただし、全部がNGではなく、スカートの素材やかたちでバランスをとればOKですよ。

次のトピックで、その方法を紹介するので、ロングスカートを履きたい時は参考にしてみてください!

骨格ウェーブが苦手なスカートで事故らないコツ

似合わないといわれる、素材や丈のスカートを履きたい時もありますよね。

そんなときは、似合うポイントを混ぜてコーディネートしましょう。

苦手ポイントを似合わせるには?
  • 苦手な膝上丈スカートは、似合うチュール素材や、ハイウエストのものを選ぶ
  • 不得意なデニム素材を着たいときは、ミニの台形スカートをチョイスして足を軽く見せる

これは、あくまでも一例。「苦手要素がひとつあるからNG」ではないので、安心してくださいね!

ここからは具体的に、苦手なスカートを履きこなすコツを紹介します。

マーメイドスカート・ロングスカートは丈と素材に気をつければOK

フィット&フレアーのコーデ

マーメイドスカートや、ロングスカートは、重心が下にいきやすく、骨格ウェーブの人には苦手といわれています。

でも、チュールやレースなど、ふんわりした素材を使ったものであれば、軽やかさが出るので、バランスがとれます。

長めの丈のスカートを履きたい時は、得意な素材を使ったものを選ぶと、一気に似合わせることができますよ。

シフォン素材のスカート

また、靴を軽めにしてバランスをとるのも、ロング丈のスカートを似合わせる方法のひとつ。

ストラップの細いサンダルや、ヒールの細いパンプスなどがおすすめです!

似合うトップスと組み合わせてバランスをとる

似合わない要素のあるスカートを履きたいときは、トップスを似合うものにするのもおすすめの方法。

骨格ウェーブが似合うトップスは、ふんわりしたパフスリーブや、フリルのついたものです。

黒いドレスの女性

透け感のあるレース素材のトップスも、ウェーブの肌となじみ、とても良く似合うのでおすすめです!

ふんわり素材のトップスなら、苦手なハリのあるスカートをあわせても、カジュアルになりすぎません。

トップスとスカートのバランスを考えてコーディネートすると、よりおしゃれに見せることができますよ。

似合う服が見つかる、ファッションレンタル

「骨格ウェーブに似合うスカートは、だいたいわかったけれど、着たことのないアイテムに挑戦するのは勇気がいる……。」

そんな人もいますよね。そこで、おすすめしたいのが、月額制で洋服が借りられるファッションレンタル。

洋服を借りられるので、買い物の手間が省ける、買い物の失敗がない、クリーニング不要など、メリットがたくさんあり、注目されているんです。

その中でも、自分に似合う服を見つけたい人におすすめなのが、エアークローゼットというサービス。

エアークローゼットは、スタイリストが、登録情報をもとに、あなたに似合う服やコーディネートを選んでくれて、そのアイテムを借りられるんです。

エアークローゼットのアイテム

PETAL編集部でも、実際に体験し、いろいろなアイテムを借りています!

「自分では選ばないような色や素材のものが、こんなに使いやすいんだ!」という発見があったことも!

エアークローゼットから届いたものをまとめた記事がありますので、ぜひ読んでみてください。

エアークローゼットブログ。届いた服を一挙に公開! はこちら

まとめ

骨格ウェーブは、上半身が華奢なぶん、下半身に重心がいきやすい体型が特徴です。

そのため、スカートは軽やかなものを選ぶのがポイントです。

骨格ウェーブに似合うスカートの特徴
  • やわらかい素材、かるい素材のスカート
  • ミニ丈・膝下丈の、目線を上にあげる丈のスカート
  • ふんわりと広がった、空気感のあるスカート

もし、似合わない要素が入っていたとしても、この似合う要素も持ったものであればOKです。

トップスや靴で、バランスをとるのもおすすめの方法ですよ。

似合うアイテムを見つけたい、今まで着たことのない洋服にチャレンジしたいときは、ファッションレンタルを使うと、新たな発見があるかもしれません。

自分のもつ骨格の特徴をいかしたコーディネートをすると、ぐんとおしゃれに見せられます。

PETALには、骨格ウェーブに似合うアイテムについて、まとめた記事がたくさんあるので、ぜひあわせてチェックしてみてくださいね。

ライター紹介

PETAL編集部

PETAL編集部

働く女性や、子育てで時間がないママの強い味方「ファッションレンタル」。結婚式やパーティーの気分を盛り上げる「ドレスレンタル」。PETAL(ペタル)編集部では、さまざまな洋服レンタルの紹介と、洋服の悩みを解決するTIPSをお届けします!

洋服選びにお悩みの方へ
トレンド服も
シーズン服も
かしこくレンタル!

洋服選びにお悩みの方へ
トレンド服も
シーズン服も
かしこくレンタル

洋服選びにお悩みの方へ
トライしたい服が
ここにある!

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です