洋服コラム

骨格ウェーブが似合うブラウスの特徴。似合わないのは襟や素材が原因?

ブラウスは、毎日着る人も多く、似合うもののポイントを知っておきたいアイテムですよね。

骨格によって、似合うもの、似合わないものが異なるので、自分のタイプはどんなものを選べばいいのか、理解しておくと、よりおしゃれにブラウスを着こなせます。

そこで、本記事では、骨格ウェーブ向けのブラウスの選び方について紹介します。

似合うブラウスと、似合わないブラウスの特徴、より似合わせる着こなしのテクニックについて、詳しく見ていきましょう。

骨格ウェーブの特徴

骨格ウェーブ

骨格ウェーブは、丸みを帯びていて、フェミニンさを感じる骨格タイプです。

脂肪がつきやすいぶん、骨格ナチュラルやストレートよりも、ソフトな印象が強いです。

骨格ウェーブの特徴
  • ボディラインが曲線的
  • 下半身に重心がいくぶん、上半身が華奢で細身
  • 胸やウエスト、腰の位置が低め
  • 筋肉がつきにくく、脂肪がつきやすい
  • やわらかい肌質

骨格ウェーブは、下半身にボリュームがつきやすく、胸やウエストの位置が低いのが大きな特徴。

また、デコルテ周りが華奢で、上半身は下半身に比べて薄いです。

ちなみに、芸能人だとつぎのような人が、骨格ウェーブと言われています。

骨格ウェーブの芸能人

北川景子さん、新垣結衣さん、戸田恵梨香さん、小松菜奈さん、桐谷美玲さん、杉本彩さん、水原希子さんなど

骨格ウェーブは、下半身にボリュームが行きやすく、上半身は細いという点が、コーディネートの鍵になります。

アイテム選びに失敗すると、上半身が貧相に見えたり、脚の太さが目立ったりすることも。

とくに、デイリー使いをするブラウスは、自分に似合うポイントを押さえたものを、選びたいですよね。

ここからは、骨格ウェーブに似合うブラウス、似合わないブラウスの特徴を紹介します。

骨格ウェーブが似合うブラウスの特徴

まずは、骨格ウェーブに似合うブラウスの特徴について紹介していきます。

新しくブラウスが欲しいとき、どんなブラウスを選べばいいかわからないときの、参考になれば幸いです。

骨格ウェーブは、襟が詰まったブラウスが似合う

レースのブラウス

骨格ウェーブは、デコルテが薄く、洋服によっては、首周りが貧相に見えてしまいがち。

そのため、ブラウスは襟が詰まったものをチョイスすると、デコルテ周りをカバーし、上半身や顔回りを華やかに見せてくれます。

例えば、ハイネックや、浅いUネック、浅い丸襟のブラウスがとくに似合いやすく、おすすめです。

もし、襟の開いたものを着たいときは、縦に深く開いたものではなく、横に広がったものを選ぶと良いでしょう。

また、最近トレンドの、首や肩回りがレース素材になっているものも、骨格ウェーブにぴったり。

骨格ウェーブはフリルやレースがついたブラウスもおすすめ

襟や胸、肩、袖などにフリルやレースなど、装飾の付いたブラウスもおすすめです。

骨格ウェーブは上半身が薄いため、装飾でボリュームを出すことで、下半身とのバランスがとれます。

フリルやレースは、やわらかな印象があり、骨格ウェーブの肌にも、よく馴染みますよ。

袖にボリュームのあるブラウスがぴったり

パフスリーブのトップス

ふんわりと、袖部分にボリュームがあるブラウスを着こなせるのは、骨格ウェーブの魅力。

ベルスリーブやパフスリーブなど、ふわっとした袖で、薄い上半身をカバーし、ボリュームのある下半身とのバランスをとりましょう。

もし、甘さを抑えたいときは、パンツをあわせたり、色味を落ち着いたものにすると、大人っぽい仕上がりに。

もちろん、スカートをあわせて、甘くフェミニンなコーディネートにしてもOKです!

柄物ブラウスを着るなら、小さくて細かい柄がおすすめ

小花柄のブラウス

柄物のブラウスを着るなら、細かい柄のものがおすすめです。

また、色がはっきりしていない、コントラストが弱い柄のほうが、似合う傾向があります。

そのため、淡く小さな柄をチョイスすると良いでしょう。

例えば、小花柄、ドット柄、ギンガムチェックなどは、骨格ウェーブとの相性抜群。

コーディネートの甘さを抑えたいなら、パイソン柄やレオパード柄、グレンチェックなどがおすすめです。

やわらかい素材のブラウスは、骨格ウェーブの味方

チュールのパフスリーブ

骨格ウェーブは、ソフトな肌質が大きな特徴。

そのため、シフォン、レース、チュールなど、やわらかい素材は肌と馴染んで、とてもよく似合います。

また、とろみのある素材のブラウスもおすすめです。

骨格ウェーブが似合わないブラウスの特徴

ブラウスは、フェミニンな印象になりやすく、骨格ウェーブに似合いやすいアイテム。

でも素材やデザインによっては、似合わないものもあるんです。

つぎは、骨格ウェーブに似合わないブラウスの特徴を、見ていきましょう。

襟が広く開いているブラウスは避ける

襟が広く開いているブラウスは、骨格ウェーブの人が着ると、デコルテ周りが寂しい印象になりがちなので、できれば避けたいアイテム。

とくに、深いVネックなど縦に開いているものは、上半身が間伸びして見えやすいので避けましょう。

Uネックのブラウスも、大きく開きすぎていないもののほうが、失敗ありません。

大きな柄や、コントラストが強い柄は苦手

大きな花柄のブラウス

大きな花柄や、太いストライプやボーダーなど、モチーフが大きい柄は、似合いにくいです。

また、コントラストが強く、色がはっきりした柄も苦手な傾向。

どうしても大きな柄のアイテムを取り入れたいときは、ブラウスを無地にして、顔から離れたスカートやバッグなどに少し取り入れると、失敗を防げます。

ブラウスは、顔から近いため、苦手な柄を選んでしまうと、「なんだかしっくりこない……」と感じる原因につながるので、できれば避けましょう。

硬い素材やしわ加工のされているものは苦手

麻のブラウス

麻などの硬い素材や、くしゅくしゅとした「しわ加工」は、骨格ウェーブが避けるべき素材。

骨格ウェーブのやわらかい肌質や、丸みの帯びたボディーラインに馴染みにくいのです。

こういった素材も、柄と同様に、取り入れるならブラウスではなく顔から離れた部分で取り入れるのがよいでしょう。

骨格ウェーブが、ブラウスをよりおしゃれに着こなすテクニック

ここまで、骨格ウェーブが似合うブラウスと、似合わないブラウスの特徴を紹介してきました。

でも、ブラウスの選び方だけではなく、着こなし方もコーディネートをおしゃれに見せる鍵になります。

ここからは、ブラウス選び以外でできる、着こなしのテクニックについて見ていきましょう。

ボトムスでウエストマークして、ウエストを高く見せる

ブラウスとスカートのコーデ

骨格ウェーブは、バストやウエストの位置が低いため、着こなし方によっては、足が短く見えてしまうことも。

そのため、ハイウエストのボトムを選ぶと、ウエストの位置が上にいくので、足を長く見せることができます。

また、ボトムをインするのも、簡単にスタイルアップ見せが叶うのでおすすめです。

チョーカーや、プリンセスタイプのネックレスをつける

ネックレス

骨格ウェーブは、薄いデコルテや首周りを隠すことで、上半身の薄さをカバーできます。

そのため、首周りにアクセントをつけるのに、チョーカーや、チェーンの短い、プリンセスタイプのネックレスを合わせるのがおすすめ。

ネックレスでさりげなく、上半身や顔回りを華やかに見せることができますよ。

逆に、ロングネックレスは、縦に間延びして見えてしまうため、骨格ウェーブはできれば避けましょう。

髪を巻いて軽やかさを出す

ウェーブヘア

骨格診断は、洋服だけではなく、似合う髪型も違います。

骨格ウェーブは、体のラインに丸みがあるので、巻き髪がよく似合うのです。

そのため、ふんわりと髪を巻くだけで、おしゃれな雰囲気に。

全体をゆるく巻いてもいいですし、毛先をワンカールさせて、動きをつけるだけでも、印象が変わりますよ。

せっかく、似合う洋服を選んでいるので、ヘアアレンジもこだわってみましょう。

似合うブラウスを見つけるなら、ファッションレンタル

「骨格ウェーブに似合うブラウスの選び方はわかったけれど、洋服を自分で決めるのが、やっぱり苦手」

「着たことのないアイテムに挑戦するのって、勇気がいる……」

そんな人も多いと思います。

そこで、おすすめなのが、ファッションレンタルを利用すること。

ファッションレンタルとは、洋服を月額で借りられるサービスです。

レンタルなので、いつもと違う色や形、デザインのアイテムも、挑戦しやすいんです!

そのなかでも、自分で洋服を決めるのが苦手な人におすすめなのが、エアークローゼット。

スタイリストさんが、自分に合うコーディネートを選んでくれて、それをまるまるレンタルできるんです。

エアークローゼットで届いたブラウス

エアークローゼットは「こんなアイテムを借りたい」「こういうシーンに着ていく服を探している」など、要望を伝えると、それをもとにコーディネートを組んでくれます。

骨格ウェーブであること、ブラウスを着たいことを伝えれば、その点を考慮して、選んでくれるのです!

借りたものは、一度着て返してもOKですし、着たいだけ着て飽きたら返すこともできます。

気に入ったら買い取りもできるので、自分に似合うものを探している人にぴったりなサービス。

クリーニングも不要で、お買い物の失敗も減らせるので、洋服選びが苦手な人や、新しいアイテムに挑戦してみたい人におすすめです。

エアークローゼットで届いた洋服の写真、ブランド、総額を公開!

まとめ

骨格ウェーブが、ブラウス選びに悩んだら、つぎのようなポイントを意識してみましょう。

  • デコルテ周りをカバーする
  • やわらかい素材を使ったものを選ぶ
  • 小さめの柄のものを選ぶ

また、ハイウエストのボトムを選んで、ウエストマークをしたり、アクセサリーや髪型までこだわったりすると、よりおしゃれに見せることができます。

もしブラウス選びに自信がなかったら、ファッションレンタルを活用してみると、今までになかった発見があるかもしれません。

この記事を参考に、骨格ウェーブの持つ、ソフトで華奢な雰囲気を活かして、ブラウスを使ったコーディネートを楽しんでみてください。

ライター紹介

PETAL編集部

PETAL編集部

働く女性や、子育てで時間がないママの強い味方「ファッションレンタル」。結婚式やパーティーの気分を盛り上げる「ドレスレンタル」。PETAL(ペタル)編集部では、さまざまな洋服レンタルの紹介と、洋服の悩みを解決するTIPSをお届けします!

洋服選びにお悩みの方へ
洋服選びに
お悩みの方へ

洋服選びにお悩みの方へ
トレンド服も
シーズン服も
かしこくレンタル

洋服選びにお悩みの方へ
洋服選びに
お悩みの方へ

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です