洋服コラム

骨格ウェーブに似合うパンツの特徴・選び方。おすすめアイテムはこれ!

下半身にボリュームが出やすい、骨格ウェーブさんは、パンツが似合わないと悩む人が多いです。

そこでこの記事では、骨格ウェーブさんがパンツを選ぶときに、おさえておくべきポイントをまとめました。

似合うパンツ・似合いにくいパンツの種類や、ユニクロをはじめとしたプチプラブランドのねらい目アイテムもご紹介しているので、ぜひ、お買い物の参考にしてください。

スッキリ似合うパンツを着こなすと、おしゃれ度をぐんと上げてくれます!

そんな1本に出会うため、この記事がお役に立てれば幸いです。

骨格ウェーブタイプは、パンツが似合わない?

骨格診断結果が「ウェーブ」タイプの方で、「パンツが似合わない…」と、悩む方は少なくありません。

そもそも、骨格ウェーブとは、以下のような特徴を持つ、骨格タイプです。

ウェーブの特徴

骨格ウェーブは、ひざ下にボリュームがつきやすいこと、下半身に重心があることから、下半身にボリュームが出るパンツスタイルは苦手、という悩みを抱えがちなんですね。

また、ウェーブタイプは、筋肉がつきにくく、スラリとしたハンサムな印象よりは、華奢で、やわらかい印象を与える方が多いです。

このため、どちらかといえば、ふんわりしたワンピースが得意アイテムといえます。

黒いドレスの女性

しかし、骨格ウェーブさんも、似合うパンツを選ぶコツをおさえれば、スラリとしたパンツコーデを決めることができます。

そこで、骨格ウェーブさんにぴったりのパンツを選ぶポイントを、ご紹介していきます!

骨格ウェーブさんに、似合うパンツの選び方

骨格ウェーブさんの服選びは、下半身のボリュームを軽くすることと、上半身を貧相に見せないことが、大きなポイントです。

そのため、パンツを選ぶときには、次のポイントをおさえておいてください。

    骨格ウェーブタイプの、パンツの選び方
  • シルエットがスッキリするパンツを選ぶ
  • 薄く、やわらかい生地のパンツを選ぶ
  • フリル・レースなど、装飾のあるパンツを選ぶ

下半身を軽く見せてくれる、動きのある素材・デザインのパンツを選ぶことが、ポイントです。

シワもつかないような固い生地のパンツは、下にいくほど重い印象を与えてしまうため、NGといえます。

骨格ウェーブさんは、上半身が華奢なため、ボトムスが大きいと、ブカブカして貧相な感じを与えてしまいやすいんです。

逆に、歩くと揺れる、軽い素材のパンツは、ボリュームを回避できるため、ウェーブさん向き。

ワイドパンツの女性

フリルやレース生地のパンツも、華やかな印象を与えてくれるので、骨格ウェーブさんにおすすめです。

次に、骨格ウェーブさんに似合うパンツ・似合わないパンツを、具体的にまとめてみました。

骨格ウェーブさんに似合うパンツ

まず、骨格ウェーブさんに似合うパンツは、こちらです!

    骨格ウェーブさんに、似合うパンツ
  • スキニーパンツ
  • クロップトパンツ
  • サブリナパンツ
  • テーパードパンツ
  • ブーツカットパンツ
  • シフォン・レース素材のパンツ

順に、ご紹介していきます。

スキニーパンツ

スキニーパンツは、骨格ウェーブさんが、もっとも得意とするアイテムです。

スキニーパンツの女性

骨格ウェーブさんは、ひざ下にボリュームがありますが、それでも、「足が太い」という印象にはなりにくいです。

このため、すっぽり隠すより、足のラインを出したほうが、ボリュームも軽くなり、スタイルアップしやすいですよ。

ぴったりフィットして、足のラインが出るスキニーパンツは、まさに骨格ウェーブさん向けなんです。

クロップトパンツ・サブリナパンツ

クロップトパンツはくるぶしが出るくらい、サブリナパンツは八分丈~九分丈のパンツをいいます。

サブリナパンツの女性

このように、足首が出る丈のパンツは、骨格ウェーブさんの美脚アイテムです。

パンツのボリュームがおさえられ、重心も引きあがるので、骨格ウェーブさんがはくと、フラットシューズでも、足を長く見せることができます。

テーパードパンツ

テーパードパンツは、足先にいくほど細くなる形のパンツです。

スリムなパンツスタイル

骨格ウェーブさんは、太もものボリュームが少なく、ひざ下にボリュームがつきがちです。

そこで、ひざ下部分が細くなるテーパードパンツは、足をひきしめて見せてくれます。

足首が見えるアンクル丈にすると、より美脚効果があります。

ブーツカットパンツ

ひざまでがタイトで、ひざ下がふわりと広がるブーツカットパンツも、骨格ウェーブさん向きのアイテムです。

ブーツカットパンツ

全身のシルエットはコンパクトに保ったまま、骨格ウェーブさんが気になる、ひざ下部分を、ほどよく隠してくれるので、骨格ウェーブさんも、かっこよくはきこなせます。

ひざ下部分に動きが出る、やわらかい素材が多いのも、骨格ウェーブさん向きといえます。

シフォン・レース素材のパンツ

動きのあるシフォン素材、華やかなレース素材のパンツは、骨格ウェーブさんにぜひ着ていただきたいアイテムです。

動きのある素材のパンツ

視線が散らされるので、パンツのボリュームが大きくなっても、下半身にドッシリ感が出にくいんです。

骨格ウェーブさんが苦手とする、ワイドパンツや、長めのパンツであっても、これらの素材であれば、似合いやすいです。

骨格ウェーブさんに似合わないパンツ

続いて、骨格ウェーブさんに似合いにくいパンツを、ご紹介します。

    骨格ウェーブさんに、似合わないパンツ
  • ワイドパンツ
  • フルレングスパンツ
  • ローライズパンツ
  • チノパン
  • スキニーパンツ

こちらも、順に詳しくご紹介します。

ワイドパンツ

下半身にボリュームが出るワイドパンツは、骨格ウェーブさんがもっとも苦手とするパンツのひとつです。

特に、固くてしっかりした生地のワイドパンツや、オーバーサイズシルエットのワイドパンツは、服に「着られた」感が強くなってしまい、要注意です。

フルレングスのパンツ

足の甲にかかる長さの、フルレングスのパンツは、骨格ウェーブさんがはくと、引きずっているような印象が強く出てしまう、NGアイテム。

フルレングスのワイドパンツ

ハイヒールと合わせる場合でも、足をほどよく見せる丈のほうが似合いやすいです。

骨格ウェーブさんのフルレングスパンツ攻略法は、ハイウエストのパンツを選んで、視線を上にもっていくこと。

これなら、重心がぐっと軽くなります。

デザイン性の高いベルトで、視線を誘導するのも、おすすめの着こなしです。

ローライズのパンツ

腰ではくタイプの、ローライズのパンツも、骨格ウェーブさんが苦手とするアイテムです。

ローライズパンツ

骨格ウェーブさんは、重心が低めのところ、ローライズのパンツはさらに重心を下に落としてしまい、ぼってりと重い印象になってしまいがち。

骨格ウェーブさんがはくなら、ハイウエストタイプのパンツがおすすめです。

チノパン

チノパン

チノパンのような、固くてハリがあるアイテムは、下半身をのっぺり見せてしまいやすいです。

骨格ウェーブさんがチノパンをはくなら、できる限り動きのある、薄手のものを選んでください。

スキニーパンツ

スキニーパンツは骨格ウェーブさんの得意アイテムですが、中には苦手意識を持つ方もいます。

スキニージーンズ

下半身に、洋ナシ型にボリュームがある骨格ウェーブさんにとって、お尻まわりのラインを拾ってしまうスキニーには、危険なところもあるんですね。

お尻まわりが気になる方は、腰まわりのゆったりしたテーパードパンツを選ぶのがおすすめです。

「骨格ウェーブタイプ」似合わない服・似合う服はこれ!着こなしのコツ

プチプラで選ぶ! 骨格ウェーブさん向け、おすすめパンツ

ユニクロなど、プチプラで選べる、骨格ウェーブさん向けのパンツを、ご紹介します。

「SHEIN(シーイン)」は、骨格ウェーブさん向けパンツが豊富

アメリカ発のファッション通販、SHEIN(シーイン)は、何千種類ものアイテムがラインナップされている、通販サイト。

パンツだけでも、本当にたくさんの種類があります。

SHEINのアイテムページ画像

骨格ウェーブさんが得意な、サブリナパンツやブーツカットパンツも、いろいろなデザインのものが買えます。

しかも、1,000円台から買える、驚きのプチプラ価格。

これなら、冒険的なデザインも試してみたくなっちゃいますね。

ぜひこちらから、どんなアイテムがあるか、チェックしてみてください。

SHEIN(シーイン)公式サイトはこちら

ユニクロの骨格ウェーブさん向けパンツ

ユニクロでは、骨格ウェーブさんが得意なスキニーパンツ・レギンスパンツが豊富です。

お直しもカンタンにできるので、くるぶしを出す程度に短くしたり、すそを何回かロールさせて、ウェーブさん向きの丈で楽しんでください。

ユニクロで、もうひとつ注目したいのは、光沢のあるサテン素材や、コットン生地のギャザースカートパンツ。

華やかで、動きのある素材なので、形そのものはワイドパンツでも、骨格ウェーブさんに似合いやすいです。

ユニクロ 骨格別スタイリング特集ページ はこちら

guの骨格ウェーブさん向けパンツ

guでは、カラー展開が豊富なフレアスラックス・フレアパンツが、骨格ウェーブさんにおすすめのアイテムです。

ひざ下でふわりと広がるフレアパンツは、ちょうど、骨格ウェーブさんが気になる部分のボリュームをケアしてくれるんです。

カジュアル寄りのやわらかい素材が多いので、重すぎないボリュームで、パンツスタイルを楽しみやすいです。

gu 公式サイトはこちら

grl(グレイル)の骨格ウェーブさん向けパンツ

grl(グレイル)は、トレンドデザインのアイテムが、プチプラ価格で手に入るネットブランド。

骨格ウェーブさんにとって、ねらい目のアイテムは、柔らか素材のフレアパンツやテーパードパンツです。

特にフレアパンツは、リブ素材やベロア素材、チェック柄・千鳥柄など、さまざまなパターンで展開されているので、何パターンものおしゃれが楽しめます。

ウエストマークで、簡単に視線を上にもっていけるベルテッドパンツも、骨格ウェーブさんにおすすめです。

grl(グレイル)公式サイトはこちら

フォーマルスーツ・セットアップのパンツを選ぶには

骨格ウェーブさんにとって、ビジネスシーンやフォーマルな場で、パンツスーツが必要なこともありますよね。

フォーマルなスーツやセットアップでは、シフォンやレースのような、カジュアルな素材のパンツはありません。

そこで、骨格ウェーブさんがスーツ・セットアップでパンツを選ぶには、パンツの形・丈感がいちばんのポイントになります。

足首に向かって細くなる、テーパードパンツや、足首が出る丈のアンクルパンツであれば、すっきり着こなせます。

パンツスーツの女性

お腹・腰まわりのボリュームが気になる方は、タックの入ったセンタープレスパンツもおすすめです。

ワイドパンツのスーツ・セットアップもありますが、フォーマルなアイテムは、ハリのあるしっかりした生地のため、下半身がドッシリしやすいので、骨格ウェーブさんの場合は注意が必要です。

パンツと合わせるジャケットは、体にフィットするコンパクトなサイズを選ぶと、きちんと感がはっきり出ます。

ショート丈のジャケットや、大きめのベルトでウエストマークするタイプのジャケットなど、重心を引き上げてくれるアウターを使うのも、スタイルアップに有効です。

骨格ウェーブが似合うスーツの特徴・選び方。きれいに着こなすコツとは?

まとめ

パンツが似合いにくい、と言われる骨格ウェーブさんですが、ボリュームの出る素材・シルエットを避けて、軽く華やかな素材を選べば、パンツスタイルもすっきり着こなせます。

おしゃれ着・お出かけ着では、シフォンやレースなどの、華やか素材を。

ビジネス・フォーマルシーンでは、足首を見せる丈感で、ボリュームをコントロールするのがおすすめです。

トップスも、パンツにあわせてコンパクトなアイテムを選ぶと、バランスよくまとまります。

ぜひ、この記事を参考に、かっこいいパンツスタイルを楽しんでください!

ライター紹介

PETAL編集部

PETAL編集部

働く女性や、子育てで時間がないママの強い味方「ファッションレンタル」。結婚式やパーティーの気分を盛り上げる「ドレスレンタル」。PETAL(ペタル)編集部では、さまざまな洋服レンタルの紹介と、洋服の悩みを解決するTIPSをお届けします!

洋服選びにお悩みの方へ
借り放題で
似合う服に出会える!

洋服選びにお悩みの方へ
トレンド服も
シーズン服も
かしこくレンタル

洋服選びにお悩みの方へ
借り放題で
似合う服に出会える!

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です