洋服コラム

骨格ストレートに似合うスカート選びのコツ。おすすめの素材・丈感は?

「骨格ストレートに似合う、スカートってなに?
「気に入った服を着てみたら、なんだかしっくりこない……。」

骨格診断ストレートタイプは、グラマラスなぶん、コーディネートによっては、着膨れして見えるのが悩みです。

ストレートタイプの魅力である、メリハリのある体を活かしてコーディネートしましょう。

この記事では、骨格ストレートのスカート選びやコーディネートのポイントを紹介します。

日常の着こなしに、取り入れてみてくださいね。

骨格ストレートの特徴

まずは、骨格ストレートの特徴を見ていきましょう。

骨格診断タイプの特徴

骨格ストレートは、グラマラスで凹凸があり、メリハリのある体型が特徴。

筋肉がつきやすく、バストやヒップに厚みがあり、対象的に、膝から下のふくらはぎは細いです。

また、バストや腰の位置が高いのも、骨格ストレートの特徴。

骨格ストレートは、肌にハリがあり、健康的に見えるのが魅力。

芸能人なら、広瀬すずさん、橋本環奈さん、長澤まさみさん、上戸彩さん、ローラさんなども、骨格ストレートタイプといわれています。

骨格ストレートの特徴
  • バストやヒップにボリュームがある
  • 凹凸が多く、メリハリのある体型
  • 筋肉がつきやすく、ハリのある肌質

このように、骨格ストレートのメリハリのある体型を活かして、コーディネートを考えると、スタイルアップ見せが叶いますよ。

ここからは、骨格ストレートが似合うスカート選びのポイントを紹介していきます。

骨格ストレートに似合うスカートの素材

スカートの素材(生地)も骨格診断タイプによって違います。

骨格ストレートは、ハリのある肌質に近い、硬めの素材や、ハリのある素材が似合います。

例えば、シルク、カシミヤ、デニムなどがおすすめ。

デニムスカート

また、昨今のトレンドである、レザースカートもハリがあり、骨格ストレートに似合います。

レザースカートのように、トレンドアイテムを取り入れれば、コーディネートに今っぽさが加わるのでおすすめです。

骨格ストレートにおすすめ素材

シルク・カシミヤ・デニム・レザー

骨格ストレートに似合うスカートの丈感

シルエットや丈感によって、ボリューム感が出すぎてしまうのが、骨格ストレート。

細い部分を出すことで、細見えを叶えてくれます。

地味なファッションの女性

膝丈のスカートで、ふくらはぎを見せると脚が細く見えますよ。

骨格ストレートにおすすめの丈感

ふくらはぎが出る、膝丈のスカート

骨格ストレートにおすすめのスカートの形

骨格ストレートさんは、縦のラインを強調するシルエットを選ぶのがポイント。

タイトスカートやマーメイドスカートなど、スリムな形のスカートを選ぶとベストです。

スニーカーの女性

コーディネートはIラインやHラインになるように意識すると良いでしょう。

骨格ストレートにおすすめのスカートの形

タイトスカート・マーメイドスカート

「骨格ストレート」似合う服・似合わない服。ぽっちゃり見せないためには

骨格ストレートが苦手なスカート

スカート選びを失敗すると、スタイルが悪く見えてしまう、着太りして見えてしまう原因になります。

そのため、骨格ストレートが苦手なスカートを知っておくと、服選びで悩みにくくなりますよ。

骨格ストレートが苦手なスカート丈:ロングやミニ丈

骨格ストレートさんは、ふくらはぎを見せるスカートが得意ですが、全部を隠してしまうロングスカートや、足を出しすぎるミニ丈スカートは、着ぶくれして見えやすいです。

スタイルアップ見せを重視する人は、ふくらはぎを見せる丈を選ぶと良いでしょう。

骨格ストレートが苦手なスカートの形:タック、ギャザー、プリーツスカート

骨格ストレートは、腰回りは出来るだけシンプルにすることで、メリハリがでます。

そのため、プリーツやタック、ギャザーなどウエストから腰にかけてデザインの入るスカートは、似合わないと言われています。 

骨格ストレートが苦手なスカート

プリーツやギャザーのスカートを履くなら、ウエストからラインの入ったものではなく、途中から入ったものを選ぶのがおすすめです!

また、ウエストから腰にデザインのある、ハイウエストタイプのスカートも避けるのが良いでしょう。

骨格ストレートが苦手なスカートの素材:シフォン・キルティング・ベロア

骨格ストレートさんは、ボリュームがでて見えがちなシフォン素材や、キルティング素材も苦手です。

また、ボディラインを強くみせてしまうベロアなども苦手な傾向に。

もし苦手な素材を使ったスカートを履きたい時は、次のトピックで紹介する方法を取り入れてみてください。

これで苦手とされるスカートも、履きこなせるようになるはずです。

骨格ストレートが苦手なスカートを履きこなすコツ

苦手な形のスカートを着たいときは、似合うポイントをひとつ加えましょう。

例えば、ボリューム感が出すぎて似合わないとされるギャザースカートを履きたいときは、ストレートか得意な膝丈のものを選んだり、デニムやレザー素材など、ハリのあるものを選んだりすると、バランスが取れます。

苦手な素材のスカートを履くときは、丈感や形で似合う要素を加えるのがおすすめです。

苦手なスカートを履くときは、似合うトップスを合わせてバランスをとる

自分の骨格タイプに似合わないスカートを履きたいときは、合わせるトップスを得意なものにする方法もおすすめです。

骨格ストレートにおすすめのトップスは、UネックやVネックなど、首元に装飾がなくすっきりしたもの。

これなら、苦手といわれるボリュームのあるスカートを履いても、メリハリがでますよ。

オフショルダーや肩周りにボリュームが出るものは苦手なので、避けましょう。

このように、着るものすべてを得意な形、素材、丈感にする必要はありません。

得意要素を少しプラスすれば、苦手といわれるアイテムもコーディネートに取り入れられますよ。

骨格ストレートのカジュアルファッション。似合うアイテムの特徴とは

骨格ストレートに似合う服は、ファッションレンタルにお任せ!

選び方はわかったけれど、「今まで着たことがないアイテムに挑戦するのは勇気がいる」と感じる人もいますよね。

そんな人に試してほしいのが、ファッションレンタルです。

ファッションレンタルは、月額で洋服が借りられるサービス。

このファッションレンタルは、複数サービスがありますが、そのなかでもおすすめはエアークローゼット。

似合う洋服を見つけたい人に、ぴったりのサービスです。

着たいテイストや自分の情報を登録すると、あなたに合う服・コーディネートを選んでくれます。

エアークローゼットで届いたコーディネート

要望に応えつつも、自分では選ばないようなアイテムが届くことも。

この写真のように、タイトスカートでも、ブルーとレッドの配色デザインは、なかなか自分で選ばない人も多いのではないでしょうか。

着てみたら、骨格ストレートに似合うシンプルなトップスに合わせやすく、編集部でも大好評でした。

こんな出会いもあるので、ぜひ洋服選びで迷子になっている人は、試す価値ありますよ!

エアークローゼットブログ。届いた服を一挙に公開! はこちら

まとめ

骨格ストレートさんは、凹凸が多く、メリハリのある体型。

そのぶん、腰まわりが華やかなスカートや、ふんわりしたデザインのスカートは苦手です。

でも、ふくらはぎの細さをいかして、膝丈のタイトなスカートはとてもよく似合います。

かたくしっかりした生地のスカートを選ぶのもおすすめ。

もし、華やかなデザインのスカートを着たい時は、シンプルなトップスを組み合わせてバランスをとりましょう。

洋服選びに悩んだら、ファッションレンタルを活用すると、発見があるかもしれません!

この記事を参考に、自分に似合うコーディネートが見つかったら幸いです。

ライター紹介

PETAL編集部

PETAL編集部

働く女性や、子育てで時間がないママの強い味方「ファッションレンタル」。結婚式やパーティーの気分を盛り上げる「ドレスレンタル」。PETAL(ペタル)編集部では、さまざまな洋服レンタルの紹介と、洋服の悩みを解決するTIPSをお届けします!

洋服選びにお悩みの方へ
トレンド服も
シーズン服も
かしこくレンタル!

洋服選びにお悩みの方へ
トレンド服も
シーズン服も
かしこくレンタル

洋服選びにお悩みの方へ
トライしたい服が
ここにある!

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です