洋服コラム

「着る服がない…」を抜け出す方法。明日着る服がスッキリわかる!

自信がなさそうな女性

「服はたくさんあるのに、着る服がない!」
「断捨離したら、着る服がなくなった…」
「とにかく、明日着るべき服を教えて!」

クローゼットには服がパンパンなのに、「着る服がない…」と、悩んでいませんか?
何を着ればいいのかわからず、たくさんの服の前で、途方に暮れている女性は、多いんです。

そこでこの記事では、どうして「着る服がない」と感じるのかを、パターン別にチェック!
明日着る服に困らないための、処方箋をお伝えします。

服に困らず、もっとファッションが楽しくなる、必見のファッションレンタルもご紹介します!

毎日のコーデを迷わず「これ!」と決められる、ストレスフリーな生活のため、この記事がお役に立てれば幸いです。

着る服がない症候群、急増中!

「このトップスに合うパンツがない」
「同じような服ばかりで、パッとしない」
「このコーディネートで、周りの人がどう思うか気になる…」

1週間分のコーディネートが十分にできる量の服を持っているのに、何を着たらいいか迷っている女性は、たくさんいます。

コーデを確かめる女性

鏡の前であれこれ考えていると、あっという間に出かける時間になり、結局いつものコーデで、出かけている人も多いはず。

「やっぱりあの服を着ればよかった…」と後悔したり、「ダサいと思われていないかな?」と心配していると、心からお出かけを楽しめないですよね。

「もっとおしゃれになりたい!」と新しい服を買ってしまうと、クローゼットはさらにパンパンになり、出費も増えます。

クローゼットにたまった洋服

逆に断捨離をしすぎて、「次のシーズンに着る服がない…」と悩んでいる人も。

服はありすぎても、なさすぎても、困ってしまいますね。

買っても買っても着る服がないのは、なぜ?

コーディネートに足りないアイテムや、トレンドアイテムを買い足しても、やっぱり「着る服がない」と思ってしまうのは、なぜなのでしょうか。

実は、多くの女性は、自分の持っている服の20%で、日々の80%を過ごしていると言われています。

クローゼット

着たい服がわからない人ほど、クローゼットに服があふれていることが多いのです。

ここでは、着る服がない症候群に陥ってしまう理由を分析してみました。

着てもおしゃれに見えない

自分の体型や雰囲気に合わない服は、垢抜けない印象になり、自然と手が伸びなくなります。

「安いから」と勢いで買った服や、試着をせずに買った服は、実際に着用すると、想像していたイメージと違うことが多く、タンスの肥やしになりがちです。

ショッピングをする女性

体型の変化によって、サイズが合わなくなった服も、着心地が悪かったり、太って見えてしまったりして、出番が少なくなります。

本当は似合わないとわかっているのに、「高かったから」「気に入ってよく着ていたから」という理由で、クローゼットに眠っている服、たくさんあるのではないでしょうか。

周りの期待に合った服がない

子育て中の30代~40代にありがちなのは、ホテルでのランチ会やお呼ばれ、学校行事に、着ていく服がないという悩み。

子どもと一緒に公園やショッピングモールに行くカジュアルな服はたくさん持っていますが、フォーマルなシーンに対応できる服がないのです。

カジュアルな服

イベントだからと、フォーマルな服を買っても、着る機会が少ないので、しまわれたままになってしまいがちです。

イベントごとに買った服が、クローゼットにたまっていくのは、もったいないですよね。

年齢に合ったコーディネートをしなければ、周りから「無理をしている」「おしゃれじゃない」と思われると、不安を感じる人もいます。

「この服、若づくりして見える?」
「ゆったりしたデザインばかりで、おばさんぽいかも」

今の自分に合う着こなしがわからないと、ますます服が決まりません。

今の季節に合わない

春から夏、秋から冬の変わり目は、特に服選びが難しい季節。

急に暑くなったり、寒くなったりしたときに、あわてて去年着ていた服を出すと、トレンドや体型に合わなくなっていて、「着る服がない」と困ってしまいます。

この時期は、気温・湿度の変化が大きいので、室内での冷暖房対策も必要。

重ね着コーデに慣れていないと、着る服の選択肢が限られてしまいます。

流行を追いすぎている

「可愛い!」と一目ぼれしたトレンドアイテムも、流行が去った途端に着るのが恥ずかしくなるもの。

プチプラだからと次々に購入していると、クローゼットに服がどっさり取り残されていきます。

せっかくトレンドアイテムを購入したのに、着る勇気が出なくて、一度も着用することなく、流行が去ってしまう、悲しいケースもあります。

個性的な服、無難すぎる服のどちらかが多い

主役級のアイテムばかりを集めてしまうと、トップスとボトムが主張し合って、うまくコーディネートができません。

手持ちの服と合わないと、着る機会は少なくなりますよね。

逆に、無難な服ばかり集めていると、どれも同じような印象に感じてしまって、おしゃれかどうか、自信が持てなくなります。

個性的な服

お手入れが大変

毎回アイロンをかけなければならない服や、ホームクリーニングができない服は、どんなにおしゃれで可愛くても、出番が少なめになりがち。

特に、忙しい朝は避けるようになってしまいます。

「明日着る服がない…」への対処法

「今日はこのコーデにしよう!」とワクワクできる服がなければ、たくさん服を持っていても、意味がないですよね。

次は、着る服がない症候群から抜け出す、対処法をご紹介します!

自分の持っている服を把握する

着る服がない症候群の人に、まずやってほしいのは、手持ちアイテムの棚卸し。

自分の持っている服を把握すると、「同じようなアイテムがあるから買う必要はない」と判断ができるので、余計な服が増えません。

服をすべてをクローゼットから出して、「よく着る服」「もう出番のない服」に分けると、自分の好きなテイストもよくわかります。

たくさんの洋服を片付ける女性

もったいないと思っても、1年出番のない服は、処分してしまうのがベター。

トレンドが去ったアイテムも、思いきって処分しましょう。

よく着ている服でも、着古した印象がある服は、新しいアイテムと入替えて、清潔感をキープ。

服を減らしたクローゼット

アイテムが減ったぶん、クローゼットがすっきりして、服も選びやすくなります。

自分にぴったりのサイズを知る

「このワンピースが着られるように、ダイエットをがんばる!」と、目標になる服はあっても構いません。

ただ、「やせたらまた着られるかも…」と、何となく残している服は、なかなか出番が周ってこないのが現実。

また着られるようになったときには、流行遅れになっている可能性もあります。

今の体型で、スタイルがよく見える服を選んだほうが、毎日を楽しく過ごせますよね。

楽しそうな女性

そのためには、自分の体のサイズを知ることが大切。

自分の体型に合うブランドを覚えておくのもいいですね。

ショップでも、ネットショッピングでも、試着はマストです。

ベーシックな服をそろえる

子どもとのお出かけ、友人とのランチ、学校行事など、さまざまなシチュエーションに対応できるのは、シンプルでベーシックなアイテム。

白いTシャツは、デニムと一緒にカジュアルにも着こなせますし、ジャケットに合わせれば、きちんとした装いにも使えます。

手持ちのアイテムと、2つ以上コーディネートできるものを選ぶと、着こなしの幅が広がります。

制服化して決めてしまう

人は、選択肢がありすぎるとストレスを感じて、考えることを放棄してしまうと言われています。

これは「選択回避の法則」といって、消費者にモノを販売するマーケティングにも用いられている法則です。

たくさん服があればあるほど、人は服選びが面倒になってしまうんです。

かといって、手に取りやすい服ばかり着ていると、おしゃれが楽しくなくなってしまいます。

そこでおすすめなのが、制服化。

お気に入りの服でつくったコーディネートを「仕事用」「子どもとのお出かけ用」「女子会用」といったシーン別に数パターン用意して、繰り返して着ればいいのです。

コーディネートに悩む時間もなくなりますし、いつもおしゃれだと思う服を着られるので、自分に自信が持てるようになります。

ファッションレンタルを活用

月額制のファッションレンタルは、着る服がなくてお悩みの方に、おすすめのサービスです。

ファッションレンタルには、こんなメリットがあります。

    ファッションレンタルのメリット
  • 定額で、お値段以上の服が着られる
  • お得に、いろいろな服を試せる
  • 意外な「似合う服」との出会いがある
  • 家に服がたまっていかない
  • 洗濯・アイロンの手間がかからない

スタイリストさんが服を選んでくれるファッションレンタルなら、自分でコーデを考えなくても、似合う服をどんどん提案してもらえます!

エアークローゼットは、好みのテイストや、着たい場面を登録すると、スタイリストさんが毎月服を選んでくれるサービスです。

きちんとしたい仕事着や、ちょっとガーリーにしたいお呼ばれ服など、さまざまなシーンにぴったりの服が届きます。

エアークローゼットでレンタルしたアイテム

「もう、何を着たらいいのか、わからない!」

泣きたくなったときの、心強い味方です。

エアークローゼットの料金、利用方法や、実際に届いた服は、こちらの記事で詳しくご紹介しています。

エアークローゼットから届いたアイテム

あわせてぜひ、ご覧ください。

エアークローゼットで、服を選んでもらいました! 体験談はこちら

イメコンを活用して、似合う服を知る

自分に似合う服がわからなくて、あれこれたくさん買ってしまう人には、イメージコンサルティング(イメコン)がおすすめ。

自分に似合う色を見つける「パーソナルカラー診断」や、生まれ持った身体の特徴から似合うデザインを見つける「骨格診断」を受けると、服選びがぐんとラクになります。

「顔タイプ診断」も、顔立ちに合うファッションのテイストを知ることができる、人気の診断です。

クローゼットの中が似合う服でいっぱいになったら、うれしいですよね!

イメコンについて、もっと知りたい方は、こちらの記事もあわせてご覧ください。

イメコンのおすすめ。簡単にできるオンライン診断もあり! はこちら

毎年の「着る服がない」シーズン、おすすめアイテム

春から夏へ、秋から冬へと切り替わる時期は、気温の変化が大きく、どんな服を着ていくか悩む人も多いはず。

「今の季節に合っていない」と思われないように、コーディネートにプラスできるアイテムをいくつか用意しておきましょう。

春夏コーデにおすすめの定番アイテム

気温が上昇しはじめる春夏におすすめなのは、冷房対策にも使える、カーディガン。

暑いときは脱いでしまえばいいですし、肩からかけても、コーデのアクセントになります。

Tシャツやシャツ1枚で出かけてもいいか迷う時期は、ジレやベストをプラスすると、一気にコーデが新鮮になります。

肌寒いときには羽織になって、暑くなったらワンピースとして使えるシャツワンピースも便利です。

夏本番を迎える前に、かごバッグやサンダルを投入すると、長袖を着ていても、夏っぽい軽やかな印象を与えることができますよ。

秋冬コーデにおすすめの定番アイテム

だんだん涼しくなってくる秋口には、カーキやブラウンといった温かみのあるカラーを取り入れると、夏用のアイテムでも秋らしさを演出できます。

寒くなりはじめたけれど、コートを着るほどでもない時期に便利なのが、ストール。

コーデが華やかになりますし、寒い時には羽織ることもできます。

スカート派の人は、レギンスをプラスすると、暖かく、可愛いコーデができますよ。

軽めのマウンテンパーカーやトレンチコート、ロングカーディガンも、気温調整が難しい時期に、さっと脱ぎ着ができて便利です。

まとめ

「もっとおしゃれになりたい」「自信の持てる服で毎日を過ごしたい」と思うのは、自然なこと。

まずは、手持ちの服を洗い出して、いらない服は処分してみてください。

クローゼットがスッキリすると、お気に入りの洋服が分かりやすくなるので、服を決めやすくなります。

おしゃれに見える、鉄板のコーディネートをいくつか用意しておくのもいいですね。

どんな服が似合うかわからない人は、ファッションレンタルやイメコンを活用するのが、おすすめです。

毎日のコーディネートに悩んでいるのは、あなただけじゃありません。

「明日着る服がない」という悩みを手放し、一緒にファッションを楽しみましょう!

ライター紹介

PETAL編集部

PETAL編集部

働く女性や、子育てで時間がないママの強い味方「ファッションレンタル」。結婚式やパーティーの気分を盛り上げる「ドレスレンタル」。PETAL(ペタル)編集部では、さまざまな洋服レンタルの紹介と、洋服の悩みを解決するTIPSをお届けします!

洋服選びにお悩みの方へ
明日着たい服と
出会える!

洋服選びにお悩みの方へ
明日着たい服と
出会える!

洋服選びにお悩みの方へ
明日着たい服と
出会える!

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です