洋服コラム

骨格ストレートに似合うブラウスの選び方・コーディネート

<PR>

オフィスでもプライベートでも活躍するブラウス。

毎日のように着るものなので、似合うものを選びたいですよね。

似合うものを選ぶ考え方のひとつが、骨格診断。自分の骨格に合うアイテムを選ぶことで、よりおしゃれに着こなすことができます。

この記事では、骨格ストレート向けのブラウスの選び方について紹介します。

また、季節に合ったコーディネートも紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

骨格ストレートの特徴

骨格ストレートは、筋肉質でメリハリがある体型です。

他の体型に比べてグラマラスな印象があります。

骨格ストレート

骨格ストレートは、筋肉がつきやすく、痩せ型でも骨感が少ないタイプ。

身体にメリハリがあるため、ボリューム感のある服が苦手で、シンプルな服装が得意です。

この特徴を踏まえて、骨格ストレートに似合うブラウスの選び方を紹介します。

骨格ストレートに似合うブラウスの襟

骨格ストレートは、鎖骨が見えるブラウスが似合います。

上半身にボリュームがあるぶん、首周りはすっきりとしたものを選ぶと、バランスが良くなります。

とくに、つぎのようなアイテムがおすすめ。

  • Vネックブラウス
  • スキッパー襟のブラウス

とくに広く開いたVネックは、骨格ストレートとの相性抜群。

ブラウスに限らず、ニットやワンピースでもVネックは外せません!

また、V字に開いたYシャツもおすすめです。

Vネックに限らず、広く開いていれば、ラウンドネック(Uネック)も着こなせますよ。

骨格ストレートに似合うブラウスの袖

ブラウスの袖は、五分丈より長い袖を選ぶのがベストです。

肩や二の腕を露出しない丈だと、すっきり見えますよ。

白いシャツの女性

肩や袖部分がストンとした、シンプルな形のほうが、肩回りをカバーできるのでおすすめです。

骨格ストレートに似合うブラウスの素材

白のブラウス

ハリのある素材は、骨格ストレートの肌質になじむのでおすすめです。

例えば、シルクや綿100%、コットンなど。

透けないくらい厚みがあるものであれば、とろみのある生地もOKです。

ブラウスの装飾は、できるだけ少ないものを選ぶと良いでしょう。

骨格ストレートに似合うブラウスのサイズ感・丈感

ブラウス

ブラウスに限らずトップスは、ジャストサイズを選ぶと良いです。

サイズ感だけではなく、丈も長すぎず短すぎないものが良いでしょう。

骨格ストレートに似合うブラウスが見つかる! ファッションサブスク

買い物の失敗をなくして、もっと似合うブラウスを見つけるなら、ファッションサブスクを使うのも、おすすめの方法です。

中でも、スタイリストさんが服を選んでくれるパーソナルスタイリング付きのサービスなら、意外な「似合う」服に出会えるチャンスがあります!

おすすめの、パーソナルスタイリング付き、ファッションサブスクをご紹介します!

ブランドの洋服を月額でレンタルできる「アナザーアドレス」

今まで着たことのないアイテムや、違うテイストの洋服は、本当に似合うのか不安になって、買うのを躊躇ってしまいますよね。

そんな人におすすめなのが、月額制の洋服レンタルサービス。

今、洋服レンタルサービスが増えていますが、そのなかでもおすすめなのが「アナザーアドレス」です。

アナザーアドレストップページ

アナザーアドレスは、大丸松坂屋が運営する洋服レンタルサービス。

MARNIやメゾンマルジェラ、MSGM、セルフォードなど、おしゃれなデザイナーズブランドのアイテムを扱っています。

アナザーアドレスで借りた服5着
▲アナザーアドレスでレンタルした服

扱っている洋服は、1着あたりの定価が2万円~7万円ほど。購入するよりもお得に洋服を楽しめるんです。

返却時はクリーニングも不要なので、お手入れの手間もかかりません!

月額制ですが、利用しない月は停止もできるので、必要な時だけ使うこともできますよ。

いろいろなブラウスを取り扱っていて、骨格ストレートに似合うシンプルなものから、ちょっと個性的なものまであります。

通販サイトの感覚でレンタルするアイテムを探せるので、いちど公式サイトをチェックしてみてください。

招待コードは【 EANJR0UQWG 】

アナザーアドレス
公式サイト

また、編集部でレンタルした際のレポートもありますので、こちらもぜひ参考にしてみてください。

アナザーアドレスで洋服レンタル。ブランドアイテムが、毎月楽しめる!

スタイリストさんが選んだ服を、お買い物できる DROBE(ドローブ)

DROBE(ドローブ)は、スタイリストさんが選んだ服を試着・買い物できる、「パーソナルスタイリング+通販」サービスです。

DROBEのバナー画像

ドローブは、スタイリストさんが選んだアイテムを、自宅でじっくり試着して、買うかどうかを選べます。

手持ちのアイテムと、コーディネートを試せますし、落ち着いて、本当に似合うかチェックできるんです。

お店での試着のように、あせってよくわからなくなってしまったり、「照明のせいで、色が違う…」なんてことも、ありません。

パーソナルスタイリングは、専門サロンで数万円かかることも多いサービスです。

ドローブなら、それが1回3,190円(税込)のスタイリング料金で、手軽に利用できちゃうんです!

好みのテイスト、体型、予算などを登録すると、それに合わせてセレクトされたアイテムが、自宅に届きます。

ドローブから届いた服

1回に届くアイテムは、5点

自宅でゆっくり試着し、気に入ったものだけをお買い上げしてください!

スタイリング料金+買取する服の価格が、1回の利用料金となります。

残りのアイテムは返送してしまってOK。

ほしいものがなければ、すべて返送してもかまいません。

DROBEから届いたスカート

DROBE(ドローブ)については、こちらの記事で、実際に届いた服をご紹介しています。

詳しい利用方法もご紹介しているので、あわせてぜひ、ご覧ください。

DROBE(ドローブ)の利用方法。実際に届いた服をご紹介! はこちら

骨格ストレートに似合わないブラウスの特徴

骨格ストレートに似合うブラウスを紹介してきましたが、似合いにくいブラウスもあります。

つぎのようなブラウスは、似合いにくいので避けましょう。

骨格ストレートが似合わないブラウス
  • 首周りが詰まった襟
  • 首周りにボリュームのあるもの
  • ぴったりしすぎているものorオーバーサイズのもの
  • オフショルダー
  • 透け感のある素材
  • フリルやレースの多くついた素材

装飾が多いものは、上半身にボリュームが出すぎるため、骨格ストレートの人は着ぶくれする原因に。

フリルやリボンのついたブラウスも、胸元にボリュームが出て、太ってみえるので、できるだけシンプルなものを選びましょう。

とくにパワーショルダーや、パフスリーブなどボリュームのある袖は、肩回りががっちりして見えやすいです。

また、ボリュームがありすぎるのは良くないですが、ぴったりしすぎても、腕や肩が強調されてしまいます。

骨格ストレートが、ボウタイリボンのブラウスを着たいときの対策

ボウタイリボンは胸元にボリュームが出てしまうため、骨格ストレートには、似合わないアイテムとして挙げられます。

でも、選び方や着方にひと工夫を加えたら、着ぶくれを避けることができますよ。

骨格ストレートが、ボウタイリボンのついたブラウスを着るときは、まず、細いリボンのものを選ぶこと。

太いリボンは、ボリューミーになりすぎるので、細いもの選ぶことで、おさえることができます。

また、襟ぐりは、深めVネックになっているものを選ぶこと。それだけでも、すっきりして見せることができますよ。

また、ボウタイをネクタイのように、結ばずにたらして着るのも、おすすめの方法。

リボンのように結ぶと、ボリュームが出てしまうので、たらすことですっきりして見えます。

他にも、骨格ストレートに似合う素材のものを選んだり、肩や袖をすっきりしたものを選ぶようにするのも大切です。

骨格ストレートに似合う、春夏のブラウスコーデ

春夏は、アウターやカーディガンなどを羽織らず、ブラウス一枚で過ごすことも多いですよね。

骨格ストレートは、すっきりしたコーディネートが似合うので、シンプルなブラウスコーデがよく似合います。

ストライプのシャツは、縦のラインを強めて見せるので、骨格ストレートの強い味方。

センタープレス入りのパンツも、スタイルアップして見せられますよ。

タック入りのブラウスも、縦長に見せることができます。

「似合うものを選ぼうとすると、シンプルすぎて物足りない」

というのが、骨格ストレートの悩みですが、タックならボリュームを出さずにアクセントをつけられます。

淡い色を取り入れると、春っぽい着こなしになるので、おすすめです。

骨格ストレートに似合う、秋冬のブラウスコーデ

秋は、シンプルなブラウスに、こっくりした色のタイトスカートで、シンプルながらも寂しくないコーデがおすすめ。

マスタードカラーのタイトスカート

例えば、マスタードカラーを取り入れたら、ぐんと秋っぽくなります。

1つ取り入れるだけで、アクセントになっておしゃれに見せられるのでおすすめです!

ボルドーのタイトスカート

上品なコーディネートに仕上げるなら、ボルドーもおすすめの色。

秋冬のアクセントカラーにぴったりですよ。

また、アウターを着るなら、チェスターコートにブラウスとタイトスカートで、上品な着こなしもおすすめ。

縦のラインを意識したきれいめコーデなら、間違いなしです!

まとめ

骨格ストレートは、ジャストサイズのシンプルなブラウスがよく似合います。

Vネックなど、襟周りがすっきりしたものだと、上半身のボリュームをおさえて着ぶくれを防ぐことができますよ。

ストライプやタックなど、縦のラインを見せる柄やデザインのものも、似合うのでおすすめです。

逆に、襟が詰まっているものや、胸のあたりにボリュームのあるブラウスは、避けましょう。

ボウタイリボンは、ボリュームが出ないように、タイ部分が細いものを選んだり、たらして着たりすると良いですね。

自分で洋服を選ぶのが苦手な人や、もっと似合うものを見つけたい人は、ファッションレンタルを使うのがおすすめです。

毎日使うブラウスは、似合うものを見つけておしゃれに着こなしましょう。

ブラウス以外にも、自分の骨格に合うアイテムをもっと知りたいという方は、つぎの記事も参考にしてみてください。

ライター紹介

PETAL編集部

PETAL編集部

働く女性や、子育てで時間がないママの強い味方「ファッションレンタル」。結婚式やパーティーの気分を盛り上げる「ドレスレンタル」。PETAL(ペタル)編集部では、さまざまな洋服レンタルの紹介と、洋服の悩みを解決するTIPSをお届けします!

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です