洋服コラム

洋服が選べない女性、必見! ファッション選び改善ポイントまとめ

洋服が選べないときの解決法

「朝、忙しくて洋服が選べない…」
「服を買う段階で、迷ってしまう」

こんなふうに、洋服が選べない女性は、実はたくさんいます。

これって、些細な悩みのようですが、本人にとっては大きなストレスですよね。

そこで、この記事では、洋服が選べない理由、洋服を選ぶコツなど、洋服が選べない女性のためにまとめました。

洋服が選べない女性が多い理由

まずは、洋服が選べない理由からまとめています。

女性なら誰しも、「老けて見られたくない」「洋服のセンスがないと思われたくない」という気持ちがあるはず。

洋服が選べないのは、どこに理由があるからなのでしょうか。

センスに自信がない

洋服が選べないのは、洋服選びに自信がないからかもしれません。

親がすすめる洋服ばかり買ったりしていた人は、自分で洋服を選んだ経験があまりありません。

自分で洋服を選んだ経験があまりない人は、服を購入するとき、選んだ洋服が今一つパッとしない様に感じて、センスのいい洋服をセレクトする自信がもてないのです。

自分の判断、洋服選びのセンスに自信がもてないのは、洋服が選べない女性に多い特徴です。

コーディネートの仕方がわからない

洋服が選べない女性の特徴として、コーディネートの仕方がわからないという特徴もあります。

雑誌やネットで流行りのものを調べて、買ってみたことありませんか?

でも、どのようにその洋服を生かすコーディネートすべきか、全くわからないなんてことも多いはず。

コーディネートのやり方がわからないというのは、洋服を選べない女性が多い原因の1つといえるでしょう。

似合わない服ばかり買っている

自分の好きなファッションが、そのまま自分に合う洋服であるとは限りません。

好きなスタイルだからといって、自分の外見に合わない服を買っていませんか?

これだと、実際には着られない服ばかりが、増えていってしまうことになります。

自分に本当に合う洋服のスタイルとは何なのか?

洋服を選ぶ際に、とても難しい問題です。

体型に合わない

パンツやスカートにはさまざまな形があります。

その中から、自分の体型に合った形を選ぶのは、なかなか難しいのではないでしょうか。

注意!女性は体型が変化しやすいので、選ぶ服によっては、老けて見えることも!

洋服が選べない女性が、陥りやすい落とし穴

洋服が選べない女性は、様々な落とし穴に陥りがちです。

洋服が選べない女性が陥る落とし穴
  • 洋服のカラーを気に留めずに合わせてしまっている。
  • フリルや柄物を取り入れているが、全体的なバランスが悪い。
  • 流行りものと自分が余りにもアンマッチ過ぎる。
  • 色の組み合わせが悪い。
  • パンツやスカートの形とトップスが合っていない。

自分が上記の落とし穴にはまっていないか確認しながら、洋服選びをしてみましょう。

洋服が選べないときの解決法は?

上記の問題点をふまえて、洋服が選べないときの解決法をご紹介します!

服屋の店員さんに、聞いてみる

自分で洋服が選べないのであれば、服屋の店員さんに、思い切って聞いてみましょう。

店員さんは、いわば服選びのプロですから、適切なアドバイスがもらえるはずです。

洋服が選べないとしっかり伝えることで、店員さんも、親身にアドバイスをくれます。

はじめは、そのアドバイスを聞き入れながら、服の選び方を学ぶことが大切です。

それから少しずつ、自分1人でも服選びに挑戦しましょう。

小さな努力でも、着実に「服を選べない女性」から脱却できますよ。

RAN
RAN
自分の中だけでファッションを考えても仕方がないわ。ファッションは客観性が大事!生の声が聞けるチャンスは、貴重よ。

WEARやZOZOTOWNを活用する

ファッションコーディネートアプリを活用しましょう。

具体的には、「WEAR」や「ZOZOTOWN」です。

WEARやZOZOTOWNでは、沢山の種類の洋服が販売されています。

注目すべきは、コーディネートの例も、たくさん写真でアップされていること。

ファッション通販なだけあって、素敵なコーディネートがたくさんあります。

多くのコーディネートを見て、どういう組み合わせが良いのか、勉強しましょう。

ただ、モデルさんが美しい女性なので、本当に自分に合う洋服なのか判断するのは難しいでしょう。

RAN
RAN
自分に当てはめて考えてみる、想像力も大事なの。

 

ファッションレンタルサービスを利用する

ファッションレンタルの、プロのスタイリストがコーディネートしてくれるサービスを利用すると良いでしょう。

プロが自分に合った洋服を選んで、配送してくれます。

時には、今着用しているファッションとは違ったファッションをおすすめされるので、新しい洋服に挑戦できますよ。

もちろん、自分の好みを伝えれば、考慮して選んでくれるので、趣味と違いすぎる服が届く、ということも防げます。

コーディネートを一式揃えてしまうと、意外にもコストが掛かり、色々なコーディネートへの挑戦ができなくなります。

その点、ファッションレンタルサービスは低コストで様々なファッションが楽しめておすすめです。

RAN
RAN
低コストで、プロのコーディネートがあなただけのものになるわ。自信を持って、おすすめできるサービスよ。
関連記事
MAMI
MAMI
プロのスタイリストが、洋服を選んでくれるなんて、魅力的!

ファッションレンタルの詳しい説明はこちら

似合う服を選べるようになるコツ

服を選べないときは、人に客観的に見てもらうのも良いですが、自分で似合うものを探す力を養うのも良い解決策になります。

似合うものを選ぶテクニックを伝授しますので、参考にしてみてください。

自分の肌色や体型に合ったものを選ぶ


肌色が白いのか黒いのか、やせているのかぽっちゃりなのか。まずは自分を知ることが、似合う服を見つける近道。

いくら服のデザインが素敵でも、その色が自分の肌をくすませる色であれば、それは「似合わない」になってしまいます。

機会があれば、骨格診断やパーソナルカラー診断をやってみると、自分のタイプがはっきり分かりますよ。

自分の個性となりたいイメージを明確にする


「自分が何を着たいか」も大事ですが、「自分は人からこう見られたい」というビジョンを持つことも大切。

バリバリ仕事ができるキャリアウーマンに見られたいなら、カッコいいオフィスカジュアルが合うでしょうし、優しい女性に見られたいならふわっとした色やアイテムを取り入れるのが良いでしょう。

好きなアイテムよりも、自分のキャラに似合うアイテムで決めると失敗が少ないです。

TPOに合ったものを選ぶ


TPOとは、T=タイム(時間)、P=プレイス(場所)、O=オケージョン(場合)のこと。

極端な話ですが、結婚式のパーティにジーンズをはいて行ったり、スポーツで動き回るのにひらひらなスカートをはくなどしたら、明らかに場違いですよね。

コーディネート自体がいくらおしゃれで似合っていても、そのシチュエーションに合っていなければふさわしくないものになってしまいます。

場に合った素材や形を厳選すれば、おのずと選ぶものは限られてくるはずです。

【場面別】洋服選びのポイント

沢山洋服を持っているのにも関わらず、朝になると何を着たら良いのかわからなくて、洋服を選べないとき、ありますよね。

洋服が選べないときには、何処へ出かけるのかをまず初めに考えて下さい。

仕事に着ていく服

オフィスカジュアルの一例

職場へ行くときには、どんな格好をしていけば良いのでしょうか。

オフィスカジュアル

オフィスカジュアルで問題ない職場であれば、以下の要素を踏まえて服を選びましょう。

  • 天気
  • 運動量
  • 体調
  • 会う人

これらの要素を把握して服を選ぶことで、洋服が選べないという問題の解決の糸口になるはずです。

「オフィスカジュアル」といっても明確な定義はありません。

職場によって許容範囲があるかと思いますので、同僚に相談すると、より適切な服選びができるでしょう。

スーツ

カタいところへ行く場合には、スーツのが無難でしょう。

着ていくジャケットとスカート(パンツ)を予め決めておき、そのセットに合うシャツを用意するのが大切です。

しっかりとアイロンを当てておくと、パリッと決めることができます。

ベルトと靴下も忘れないように注意してくださいね。

ちなみに、スカートスーツとパンツスーツの選択は、女性らしく見せたいか、できる女性を演出したいかで決めると良いでしょう。

ランチに着ていく服

ランチのコーデの一例
ポイント
  • 誰とランチするのか
  • 何を食べるのか
  • どこで食べるのか

一緒に食事される相手にどう見られたいのか、
ランチで服が汚れる可能性があるか、
ドレスコードがあるレストランを利用するか、

以上の問に答えを出した上で服を選ぶと、失敗する可能性は低くなります。

映画に着ていく服

映画へ行く場合は柔らかい素材の服を選ぶ

映画へ行く場合には、長時間椅子に座るので座りやすい柔らかい生地のお洋服を選びましょう。

パンツやスカートは、柔らかい綿素材や、コーディロイの素材だとゆったりと座れますよ。

遊園地に着ていく服

遊園地に行くときはカジュアルに動きやすい服を選ぶ

遊園地へ行く場合には、動きやすい洋服で且つオシャレな洋服を選びましょう。

デカパーカーにタイトなパンツやシフォンのスカートを合わせるなど、カジュアルだけど可愛らしいコーデがおすすめです。

靴は、背伸びせず、スニーカーなどの動きやすいものを選ぶと良いでしょう。

洋服が選べない女性 まとめ

洋服が選べない女性には、買い物へ行く前に雑誌で買う洋服のスタイルをある程度決めておく事をおすすめします。

そうする事で、悩み過ぎて買えないとか、洋服を選ぶのに時間が足りなくなる事が無くなるでしょう。

店員さんに相談する際にも「こんな感じにしたい」というイメージが伝わりやすいですし、店員さんも一緒に選びやすいですよね。

ファッションセンスを磨く方法としては、テレビや雑誌を見てモデルさんや芸能人の着ている洋服を日頃から観察しましょう。

色合わせに関しては、カラーコーディネートや色彩の本なども普段から見ておく事で知らなかった色や色のトーンなど深い知識を知れて楽しいですよ。

布や生地にも普段からふれておくこともおすすめです。敏感肌の女性は、自分の体質に合う生地を知っておけば、買い物もスムーズです。

MAMI
MAMI
服を選ぶのにも練習がいるんですね。
RAN
RAN
そうよ。
「洋服が選べない」と嘆くだけじゃなくて、服を選べるようになる努力をしなくちゃ。
多くの女性がファッションを楽しめるようにするお手伝いをするのも、私たちの仕事よ。
MAMI
MAMI
か、かっこいい~!

ライター紹介

PETAL編集部

ペタル編集部

働く女性や、子育てで時間がないママの強い味方「ファッションレンタル」。結婚式やパーティーの気分を盛り上げる「ドレスレンタル」。PETAL(ペタル)編集部では、さまざまな洋服レンタルの紹介と、洋服の悩みを解決するTIPSをお届けします!

 

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です