洋服コラム

女性アスリートのおしゃれ。あなたの強みを活かす簡単ファッション

女性アスリートの強みを活かすファッション

スポーツに打ち込んできたアスリート系の女性は、普段からトレーニングウェアを着ている時間が長いため、あまり私服は買え揃えないようです。

また、頻繁に汗をかくので化粧も邪魔でしょう。

そのため、おしゃれに疎くなるのは必然。

なかにはおしゃれ=女子力とも考えていて、そのせいでコンプレックスを抱えている人もいるかもしれません。

しかし、魅力的なファッションには一定の法則があります。

ポイントさえ押さえれば、難しく着飾る必要なんてありません。

では、それはどんなファッションか?考えていきましょう。

意外と美人ほどオシャレをしない!その理由とは?

意外と美人ほどオシャレをしない!その理由とは?
実は美人ほどファッションの流行に疎いものなのです。

おそらく画像検索してみるとわかると思いますが、普段のプライベートの服装などは割と地味だったりします。

特にスポーツ選手など、何か人より秀でたものを持っている人ほどあまりオシャレに気を遣わない傾向にあります。

もちろんこれには明確な根拠があります。

他人からの承認を求めない

自信や誇りを持っている人ほど、他人の評価に無関心になることもわかっています。

そのような人は自分の価値観を信じて行動を決めるため、他人の言葉で気持ちが揺らぐことはありません。

まわりからルックスについて褒められれば、謙遜はするかもしれませんが、美人はもちろん自分の姿に自信を持っています。

そのため、見た目についてまわりの評価を気にしないため、実はあまり身だしなみに気を使わないもの。

逆に自分に自信が無い人ほど、他人の評価を気にして、自意識過剰に自分の一挙手一投足を気にしてしまうことがわかっています。

流行を追いかけて付和雷同してしまうのも、自信が無い人の傾向。

そういう意味では、ファッションの流行を気にしないことは良い生き方をしているとも言えます。

目立つわけにはいかなかったから

美人にとっては自分のルックスの事はメリットだとは思っていません。

むしろコンプレックスに思っていることが多いものです。

客観的に見れば得をしていますが、当の本人からすると、そのルックスのせいで目上の人たちから必要以上に期待をかけられるようになってしまい、プレッシャーを背負うことになります。

また、同学年や同期の人たちからは遠巻きにされてしまいがちになってしまい、助けを得られにくくもなります。

そのため、美人ほど目立たないようにまわりに気を遣う必要があるものです。

特に女性は他人のルックスに嫉妬する傾向が強いため、反感を買わないためにもオシャレをするわけにはいかない場合もあります。

美人ほど流行に疎い

実は美男美女ほど友達が少なく、孤独な一面を持つ人が多いことがわかっています。

やはりその目立つルックスのせいで、遠巻きにされてしまうことが原因。

女性の場合は特に自分より美人の友達にあまりファッションやメイクをおすすめしないようです。

美人ほど自分の身だしなみを気にしないことに加えて、ファッションやコスメに関する情報網も少なくなりがちなため、流行には疎いようです。

関連記事

PETALでは、コーディネートのコツや服の選び方のポイントをご紹介しています。

どうしても自分で決められない、コーデがおしゃれにならない……など、悩んでいる方はぜひ読んでみてくださいね。

女性の流行に合わせる必要はない!その根拠は?

女性のファッションの流行は目まぐるしく変わりますよね?

その流行に合わせていたら、一体どれだけお金や時間を費やすことになるのか、考えると途方に暮れそうです。

それだけファッションの流行は多様化しているわけで、ファッションの流行をリサーチするのはかなりの負担になります。

ファッションだけで決定疲れを起こしてしまい、人生でもっと大事な選択をしなければいけないときには疲弊してしまって、怠惰な道を選択してしまい、後悔するという話を嫌ってほど聞きます。

かの有名なスティーブ・ジョブズは、公の場に出るときにはいつも同じ服を着ていたことも有名な話。決定力を日々の生活で節約することは、成功者になるためには必須のことです。

前置きが長くなりましたが、女性の魅力を底上げするファッションの特徴は存在します。それはさらに同性の女性も敵に回すことはありません。

それさえ分かれば、流行に振り回される必要はありません。「今年の流行色は◯色!」などよく聞きますが、それにも根拠はありません。

では、まずファッションを選ぶうえで気を付けるべきポイントについて紹介したいと思います。

女性と男性の「魅力に感じる外見」は異なる!

女性と男性では目のつくりが異なります。

女性の場合は網膜中に「P細胞」と呼ばれるカラフルな色に反応する細胞の割合が多く含まれているため、色彩豊かな色に反応しやすくなります。

対して男性の場合は光の明暗に反応する「M細胞」が多く含まれます。

これは狩猟時代に、敵や獲物の位置を把握するために発達したものと考えられています。

光の明暗ということで、白黒のカラーに反応しやすくなります。

また、動体にも反応するため、ピアスなど揺れるものにも反応しやすくなります。

女性がカラフルな色に魅力を感じるのに対し、男性はモノクロのシンプルな色に魅力を感じるとも言えると考えられます。

鮮やかに着飾ると女性同士で角が立つうえ男性からもウケない!

色鮮やかなファッションを選ぶと、女性の目は反応しますが、男性の目は反応しません。

そのため、同性の女性の敵意を煽るうえに、男性からも魅力を感じてもらえないため、良いチョイスとは言えないでしょう。

自分を魅力的に見せるファッションとは?

前章で色鮮やかなファッションを選ぶと、同性からも異性からも好印象を持たれづらいと、述べました。

これにはもちろん、逆もあります。

つまり、女性から反感を買わずに、男性に魅力に感じてもらえるファッション選びもできるということです。

これには一定の法則があり、いちいち流行を追いかける必要はありません。

では自分を魅力的に見せるファッションについて考えていきましょう。

体型に関係なく身体のラインがわかる服装が魅力的!

コーネル大学が行なった調査によると、美男の彼氏がいる女性のファッションには共通の特徴があることがわかったそうです。

やはり太くもなく、痩せすぎてもいない、標準体型の女性が一番モテるものですが、太った女性でも美男の彼氏がいる人にはファッションに共通の特徴がありました。

それは意外にも、身体のラインがはっきりわかる、シンプルな服装であったこと。

太っている女性でも、標準体型の場合と変わらないモテ度があったそうです。

普通ならば、体型にコンプレックスがある場合、それが目立たないファッションにするでしょう。

これは意外な結果。

身体のラインがはっきりわかることで、女性と認識しやすいことが理由です。

つまり体型を言い訳にして隠すのは、良くないということ。

ただ、もうひとつモテる太めの女性のファッションの特徴として共通していたものは、ダークな色調であったことです。

黒は身体を細く見せます。そのため、サッシュベルトなどは黒がおすすめでしょう。

コンプレックスは隠すよりは、美化して見せた方が良いということです。

逆に痩せている女性の場合は、膨張色である白色をベースにしているとモテたそうです。

身体のラインがわかる、シンプルな服装が男性の目を引くということです。

白黒のシンプルカラーは男女ともにウケが良い!

モノクロカラーであるならば、女性の目を刺激することが少なくなります。

逆に男性の目を惹くこともできます。

たとえば白のワンピースになびく黒髪のロングヘアーのような、お嬢様ファッションは理にかなっています。

それに揺れるピアスが付けば、より効果的。

色彩心理学的にも、黒は権威の色、白は純真の色。

そのため、モノクロベースのファッションは、軽くない価値のある女を演出してくれます。

男性から見ても、口説く価値のある女と見てもらえるようになるでしょう。

控え目に「赤」を取り入れるところがポイント!

カラフルに着飾る必要はありませんが、モノクロだけでは少し物足りないかもしれませんね?

モノクロ意外にもおすすめのカラーはあります。

それは「赤」。

よく赤いアイテムを身に付けると悩殺力が上がる、という話を耳にするかもしれませんが、これにははっきりとした根拠があります。

「赤い口紅をつけただけでナンパ率が上がる」
「男性は赤い服を着ている女性には通常よりも20~30センチ近づく」

など、フランスのゲゲン教授の研究で明らかになりました。

しかも特筆すべきは、容姿が並の人が赤を身に付けると、最も効果が高いというところです。

どうやら美人の場合は、もともとの容姿のせいで効果が頭打ちになってしまうようです。

美人の人は自覚があるはずなので、なるべく控え目に取り入れたほうが良いと思います。

アウターではなく、インナーに。

またもうひとつ赤は強調すべきでない理由があります。

それは、中身のない、ナルシストの男性も惹きつけてしまうからです。

赤は性シグナルを表す色。女らしさを強調することになるでしょう。

実は自信がある男性は、女らしい格好に魅力を感じることがわかっています。

この自信家には、ナルシストも含まれます。

露出度の高い服をおすすめしなかった理由は、実はここにありました。

そのため、モノクロベースの服で肌を覆い、気品を演出することで中身のない人を遠ざけるようにしましょう。

ちなみにカバンなどの小物アイテムでも、赤の効果は発揮されます。

あわせて読みたい

カバンや小物が手持ちに少なく、どんなものを買っていいのかわからないという方におすすめなのがレンタルサービスです。

ブランドバックのレンタルおすすめ! 口コミまとめとサービス比較
アクセサリーレンタルの月額サービス比較!ブランドも借り放題

月額を払えば借り放題で利用できるサービスもあるんですよ。
どんなものを買っていいかわからない方はレンタルを活用してみてはいかがでしょうか。

アスリート女性向けのファッションにするには?

アスリート女性向けのファッションにするには?
前章では女性全般的におすすめのファッションについて、紹介させていただきました。

ここではプラスアルファとして、アスリートの女性ならではのおすすめのファッションについて紹介したいと思います。

身体が強いということは大きなメリットです。

加えて運動習慣は美容において、最重要項目。

実はアスリート系の女性は、日々のなかで魅力的な外見づくりをできているのです。

たくましい足は黒いレギンスを履いて魅せる!

アスリート女性でスカートを履いているかたは、あまり見かけません。

鍛えられたたくましい足は、やはり女性にとってはコンプレックスなのかもしれません。

ヒップラインがさり気なくわかる、ジーンズを履くという方法もひとつの手。

もうひとつは黒いレギンスを履くということです。黒が足をシャープに見せてくれるので、たくましい足はむしろメリハリのある綺麗なラインに見えます。

ジーンズも良いのですが、運動で足を鍛えてる人にとっては窮屈かもしれませんね?

ウエストはダボダボなのに、ももがピチピチになることもよくあります。夏場は、長ズボンは暑いですし。

機能性インナーを使えば一石二鳥!

インナーと言えば、身に付けるだけで代謝を上げたり、疲労やダメージを抜くような機能性インナーも流行ですね?

運動に関心があるのであれば、愛用している人も多いかもしれません。

私がおすすめしているアイテムには、たとえばこんなものがあります。

http://earth-wavetech.jp/

実際に着るだけで身体の緊張が解けるので、疲れが軽減します。

そして代謝が上がるので回復力も底上げされます。

生地がもろいので、本格的な運動や仕事着には向きませんが、身体の緊張が解けてしなやかな動きができるようになるので、フォームの確認やイメージトレーニング用のウェアに使うのもベターな手。

これを着て歩いていると、身体の不調が改善されていくことが実感できます。

ローカルアイテムのせいか、機能性インナーにしては安価なので、お買い得であるところもポイント。

カラーも白か黒の2択で、身体のラインを綺麗に見せるファッション用インナーとしても良いでしょう。

身体を鍛えているからこそハイヒールを履きこなせる!

ヒールの高い靴ほど、身体が強くないと履きこなすことが難しいです。

長時間履くには、相当のつま先の力と体幹が必要になります。

運動になれていない人がハイヒールを履くと、バランスが上手くとれず不自然な動きになるのでかえってマイナスになります。

ふくらはぎにもいびつな筋肉の付き方をしてしまうところも難点です。

しかし、普段から身体を鍛えているアスリート女性であるならば、そんなハイヒールを履きこなすことも容易なもの。

つま先立ちの状態から直立するためには、腰が反るためセクシーなラインができます。

ヒールが高くなるほどその姿勢を維持するのはきついですが、より効果が高くなります。

実際にヒールの高い靴を履くほど、男性から親切にされる頻度が高くなるという、実験結果もあります。

10センチのヒールが大きな分かれ目になるようです。

ここはアスリート女性の強みを活かして、ハイヒールを取り入れてみましょう。

おまけ

ここでは服装以外にも、女性の魅力を上げるものを紹介していきたいと思います。

実はアスリートならば、誰でも愛用しているアレにも高い美容効果があります。

アスリート女性のほうが、普通の女性よりも日常生活に取り入れやすいことを紹介します。

加えて、おしゃれを知らないほうがメリットであることも。

ホエイプロテインは実は美容効果も非常に高い!

アスリートにとっては定番ですね。ほかにもカゼインプロテインやソイプロテインなどもありますが、消化吸収が早いため、専らホエイプロテインが好まれているようです。

プロテインを飲むと筋肉質になるイメージがありますが、体幹を鍛えてから飲むと身体が引き締まり、スリムな体型になります。

また、実はここが本題ですが、ホエイプロテインは高い美容効果があり、女性におすすめのサプリメントなのです。

ホエイプロテインには、美肌や美髪効果があり、外見の若作りに効果的です。

加えて食欲抑制効果や高血圧などの生活習慣病予防の効果もあることが報告されています。

つまり、ホエイプロテインには、運動による筋力強化の成果を上げることに加え、運動による美容・健康効果を底上げする効果もあるということです。

女性アスリートにとってはまさしく一石二鳥ということですね!

赤は勝利の色でもある!

赤は女性の性的魅力を引き上げる効果もありますが、勝率を上げる色でもあります。

よくリーダーの服の色は赤が習わしでもありますが、これは権威効果のある色だからです。

格闘技の場合でも実力が同じ場合ならば、赤コーナー側の選手の勝率のほうが高くなるという統計もあります。

ラグビー日本代表のユニフォーム(チェリーブロッサム)のカラーは、勝負の色として最適なのです。

試合のときにも赤色は取り入れるべきでしょう。

赤は女性にとって、大事なときの勝負の色と言えそうです。

化粧しないことは強みでもある!

化粧は当然肌を痛めることになります。男性は健康的な人を好むため、化粧を慢性的に行っていると、性的魅力がすぐに失われてしまいます。

パラベン、ベンゾフェノン、トリクロサン、フタル酸エステル。

これらの物質は肌を痛めることがわかっています。大体の化粧品に含まれていますので、化粧するなら避けることはできないかもしれません。

3日でデトックスされることがわかっていますので、化粧する頻度を下げたいところです。

また化粧で覆われた造形的な顔を作ってしまうと、健康度が見てわからないため、実は男性からは魅力的に見えないこともわかっています。

実際はよくいわれるフルメイクより30%くらい薄いメイクが良いと言われています。

メイクに気を遣うなら、目・眉・唇の3点が大事です。それ以外は控え目にしておくことがポイントです。

ちなみに上唇:下唇=1:2が理想的です。

化粧は女性にとって、依存度が強いため、今までしてこなかったことは実は強みでもあります。

化粧には実はそれほど時間を使う必要はないので、ほかのやるべきことに時間を割いた方が有意義でしょう。

素材が良いので味付けは控え目が良い!

普段からスポーツをしている人は、美容や健康に良いホルモンを日々の生活で得ています。

もちろん基礎代謝も高いため、デトックス機能も普通の人よりも高く、綺麗な外見づくりのための能力も高いです。

つまりアスリートであることは女性としても強みであるということ。

男性は繁殖戦略としても、健康的で若々しい、ナチュラルな美しさのある女性に惹かれます。

そういう意味では、化粧やカラフルなファッションで武装することはあまりベターとは言えないでしょう。

おしゃれを知らないということは、メリットでもあります。

アスリート女性は普段の生活から、女性の魅力を高めるトレーニングもできているため、あとはそれを活かすファッションをするだけです。

もともと人間の脳はシンプルなものを好みます。

シンプルな色調で、身体のラインがわかるようなファッションこそベストということ。

やはり難しく悩む必要はないということです。

女性アスリートのファッションまとめ

今まで、アスリートとして鍛えてきた人には、すでにファッションの素質があります。

人に流されず、自分のおしゃれを貫いてみては、いかがでしょうか。

どうしても洋服を決められない人へ

おしゃれが苦手で、毎日の洋服に悩んでいる方やどんな服を買えばいいかわからない方におすすめなのがファッションレンタルサービスです。
月額制で毎月、洋服を借りることができて、クリーニング不要で返却ができます。

とくにエアークローゼットでは、スタイリストさんが利用者にあわせて洋服を選んでくれるサービスです。

エアークローゼットの口コミ。届いた洋服の写真、ブランド、総額を公開!

実際に利用した感想と口コミ、システムについてまとめた記事ですので、ぜひご覧ください。

ライター紹介

馬場先 亮太(ばばさき りょうた)

馬場先亮太プロフィール写真

国立東京海洋大学卒業後、同大学院修士課程修了。
現在は公共機関で海の生態系を守るために、魚をつくり育てる栽培漁業の仕事をする傍ら、ライターとしても活動中。また、極真会館の名門・桑島道場で極真空手の修行に励み、奮闘中。

好きな言葉は「求めている幸せは特別な瞬間ではなく、日常のなかにある」

大学院修了後、警察官になる。その現場で人間の負の部分と向き合い続けることとなる。
やがて疲弊していき、思いつめてしまい、退職。その後も潰瘍性大腸炎などの難病に悩まされ、再就職もままならない状態に。短期のアルバイトで生計を立て、その日暮らしをしているそんななかで、メンタリストDaiGoさんの書籍に出遭い、心にかかっていた霧が晴れる。

護身術として心理学を身につけ、もう人を疑う必要がないことを悟る。同時に自分が良い生き方をする方法も知る。また、栄養学や生理学、睡眠の科学など、自分の好きな分野である科学の文献を読み漁り、自力で難病を克服。
プロのスポーツ選手ではないが、競技者として極真空手にも打ち込む。切り口は、運動学や栄養学、心理学などあくまで科学分野から格闘技を追求。

現在は仕事も趣味も好きなものに囲まれて過ごしている。
過去や未来に捕らわれず、目の前にあるやるべきことを本気で楽しみながら取り組めば、その延長上に幸福があることを信じて今も躍進中。

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です