洋服コラム

「ワイドパンツが似合わない…」を解決!骨格別の特徴と、コーデの選び方

「ワイドパンツが似合わない…」
「ワイドパンツをはくと、ダサくなる!」

雑誌やSNSにも、おしゃれなコーデとして登場することの多い、ワイドパンツ。
あんなふうに着こなしたいけれど、「なんだか自分には似合わない…」と、悩む方も多いんです。

そこでこの記事では、ワイドパンツが似合う人・似合わない人の特徴と、着こなしのコツをご紹介します!

ぴったり似合うワイドパンツは、それ1本で、コーデ全体をかっこよくまとめてくれます!
コーデに悩む日にも、便利なアイテムなので、ぜひ活用してください。

毎日のファッションを、もっと快適に楽しむため、この記事がお役に立てれば幸いです。

「ワイドパンツがダサい…」とお悩みの方に

女性のワードローブとして、定番化してきたワイドパンツ。

シーズンごとに、いろいろなデザインのワイドパンツが発売されています。

サッと履くだけでトレンドの着こなしができるアイテムなので、人気があるのも納得ですよね。

ただ、ワイドパンツは、丈が長く、幅にボリュームがあるので、実は着こなしが難しいアイテム。

ブラックのワイドパンツ

「何だかもっさりした印象になってしまう」
「足が短く見える気がする」
「ウエストが強調されて太って見える…」

こんな悩みを抱えている人や、ワイドパンツに苦手意識を持っている人も、多くいるんです。

高身長・低身長さんの、ワイドパンツ着こなしポイント

ワイドパンツは、シルエット選びや、着こなしが難しいアイテムではあります。

でも、自分の体型や身長に合ったものに出会えれば、コーディネートの幅もぐんと広がります!

まずは、ワイドパンツの着こなしポイントを、身長別で見ていきましょう。

デニムワイドパンツ

低身長さん

低身長さんは、ワイドパンツのシルエットによって、似合う・似合わないが大きく分かれます。

裾が長いフルレングスのワイドパンツは、どうしても下半身が重たい印象になりがち。

幅広のワイドパンツも、ダボっとした、だらしないイメージになってしまいます。

低身長さんは、幅が広すぎないストレートタイプのワイドパンツを選ぶのがおすすめ。

足首の見える丈にすれば、すっきりと着こなすことができます。

ワイドパンツの女性

明るい色のトップスを合わせたり、帽子やアクセサリーを身につけて、視線を上に集めるのも、低身長さんがワイドパンツを着こなすときのポイントです。

最近では、低身長さん向けに作られたワイドパンツも登場しているので、ぜひチェックしてみてください!

高身長さん

ワイドパンツは、高身長さんによく似合うアイテムです。

服に着られているような印象がなく、スラっとスマートに着こなすことができます。

「高身長だけどワイドパンツが似合わない…」という人は、丈や素材の選び方に注意してみましょう。

高身長さんは、半端な丈のワイドパンツを履くと、裾が足りなく見えて、バランスがあまりよくありません。

フルレングスやくるぶし丈のワイドパンツであれば、脚長効果が期待できます!

ワイドパンツの女性

「足が短くて似合わない」という人は、ハイウエストのデザインを選ぶといいですね。

それでも、似合うワイドパンツに出会えないのは、骨格タイプとの相性が原因かもしれません。

ワイドパンツが似合う・似合わない、骨格タイプ

次は、「骨格ストレート」」「骨格ウェーブ」「骨格ナチュラル」のタイプ別に、ワイドパンツが似合うかどうかをチェックしていきます!

ベージュのワイドパンツ

骨格ストレートタイプ

体に厚みがあり、立体的なメリハリボディが特徴の骨格ストレートタイプ。

ボリュームのある太ももやヒップをカバーできるワイドパンツは、骨格ストレートさんに似合うアイテムです。

骨格ストレートさんは、Iラインのコーデが得意なので、ストンと落ちるストレートタイプのワイドパンツが、特によく似合います。

骨格ウェーブタイプ

骨格ウェーブタイプは、なだらかな曲線を描く、女性らしいボディラインが特徴。

上半身が華奢で、下半身に重心があるので、ゆとりのあるワイドパンツを履くと、太ってみえがちです。

スキニーパンツやテーパードパンツ、スカート全般を得意とする骨格ウェーブさんですが、ワイドパンツはアイテム選びに注意が必要です。

骨格ナチュラルタイプ

骨格ナチュラルタイプは、骨や関節が目立ち、体のフレームがしっかりとしている体型。

上半身と下半身に重心の偏りがない、直線的なボディラインが特徴です。

骨格ナチュラルさんは、がっしりとした骨や関節をカバーする、ゆったりとしたアイテムが得意なので、3つの骨格タイプの中では、一番ワイドパンツが似合います。

素材やデザインの選択肢も豊富にあるので、どんどんコーデに取り入れていきましょう!

ワイドパンツは、似合わない? 骨格ウェーブタイプのポイント

一般的に、ワイドパンツが似合いにくいとされている、骨格ウェーブさん。

でも、周りが素敵にワイドパンツを着こなしていたら、自分もチャレンジしてみたくなりますよね。

骨格ウェーブさんがワイドパンツを選ぶときに、ぜひチェックしてほしいのが、素材です。

おすすめは、柔らかな素材や光沢感のある素材。

軽やかな印象を与えるプリーツワイドパンツや、落ち感のあるレーヨンのワイドパンツは、骨格ウェーブさんの女性らしさにぴったり合います。

小花柄や小さなドット柄も、可愛らしさを引き立てます。

ワイドパンツの女性

長さは、フルレングスよりも、足首やふくらはぎが見える丈の方が、すっきりと着こなせます。

ワイドパンツを履くときは、トップスをインしたり、ベルトでウエストマークをして、ウエストの細さを強調すると、バランスよくコーディネートできます。

骨格ストレートなのに、ワイドパンツが似合わない

骨格ストレートタイプなのに、「何だかワイドパンツがしっくりこない」という人は、ワイドパンツの生地やシルエットを見直してみましょう。

骨格ストレートさんは、腰回りやヒップにボリュームがあるので、ウエスト部分にタックが入っているワイドパンツを履いてしまうと、太って見えてしまいます。

フレアタイプのワイドパンツや、テロンとしたプリーツパンツも、シンプルできちんと感のあるファッションが似合う骨格ストレートさんには、あまりおすすめできません。

骨格ストレートさんは、センタープレスの入ったストレートのワイドパンツや、ハリのある素材のワイドパンツを選ぶと、すっきりと着こなせます。

骨格ナチュラルなのに、ワイドパンツが似合わない

ワイドパンツを履いて、スタイルアップして見えるのは、骨格ナチュラルさんの特権。

ただ、柔らかすぎる素材や光沢のある素材のワイドパンツは、スタイリッシュな体型とのイメージがちぐはぐになってしまうので、避けた方が無難です。

デニムワイドパンツ

厚みのある生地や天然素材は、骨格ナチュラルさんにぴったりの素材。

デニムのワイドパンツや、リネンのワイドパンツは、特におすすめです。

フルレングスやくるぶし丈のワイドパンツは、骨格ナチュラルさんの長い足を強調してくれますよ。

ファッションレンタルで、垢抜けパンツスタイル

「似合うパンツに出会えない……」
「そもそも、どこで探せばいいの?」

そんな悩みのある方、スタイリストが服を選んでくれる、ファッションレンタルサービスがおすすめです!

ファッションレンタルサービス「エアークローゼット」は、着たいアイテムや、好みのテイストをリクエストすると、ぴったりのコーデを選んでもらえるんです。

エアークローゼットから届いたアイテム

着たときのラインが、とてもきれいに出る、上品なアイテムが多いんです。

パンツスタイルも、一気に垢抜けます!

エアクロから届いたパンツコーデ

気に入ったアイテムは、買取することもできるんです。

洋服の中でも、特にパンツは、はいてみないとわからないことが多いですよね。

エアークローゼットなら、実際にはいてお出かけして、本当にいいなと思ったパンツだけを手元に残せるので、パンツ選びの失敗がありません。

どんなアイテムが届くのか、気になる方は、ぜひこちらからチェックしてみてください。

エアークローゼット
公式サイトはこちら

まとめ

高身長さんや骨格ナチュラルさん、骨格ストレートさんは、ワイドパンツが似合う体型です。

ただ、低身長さんや骨格ウェーブさんも、コーデのバランスやシルエットを工夫すれば、ワイドパンツをおしゃれに着こなすことができます!

「自分では、似合うワイドパンツがよく分からない」という人は、ファッションレンタルでいろいろなシルエットを試してみるのもいいですね。

自信を持ってお出かけできる、あなたにぴったりのワイドパンツが見つかることを祈っています!

ライター紹介

PETAL編集部

PETAL編集部

働く女性や、子育てで時間がないママの強い味方「ファッションレンタル」。結婚式やパーティーの気分を盛り上げる「ドレスレンタル」。PETAL(ペタル)編集部では、さまざまな洋服レンタルの紹介と、洋服の悩みを解決するTIPSをお届けします!

洋服選びにお悩みの方へ
自分に合った
ファッションレンタルを
見つけよう!

洋服選びにお悩みの方へ
自分に合った
ファッションレンタル
を見つけよう!

洋服選びにお悩みの方へ
自分に合った
ファッションレンタルを
見つけよう!

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です