洋服コラム

お宮参りの服装、ママへのおすすめ!レンタルで楽ちん・おしゃれに

母親と赤ちゃん

「お宮参りの服装、ママは何を着ればいい?」
「お宮参りのママの服装を、レンタルしたい!」
「お宮参りの服装は、カジュアルでもいい?」

きちんとした服装でお参りして、記念写真も残したい、赤ちゃんのお宮参り。
ママはどんな服装で行けばいいのか、悩みますよね。

きちんとしているだけでなく、赤ちゃんのお世話ができるよう、動きやすさも重要です。

そこでこの記事では、お宮参りに行くとき、ママがおさえておきたい服装のポイントと、おすすめコーデをまとめました。

この日しか着ないかもしれない服を、おしゃれに、リーズナブルに着られる、レンタルサービスもご紹介します!

赤ちゃんにも、ママにも大切な1日を過ごすため、この記事がお役に立てれば幸いです。

お宮参りに行くママの服装マナー

お宮参りは、赤ちゃんが生まれてから1ヶ月間無事に過ごせたことに感謝をし、将来の長寿と健康を願って、神社に参拝する伝統行事です。

神社

一般的には、産後の1ヶ月健診を終えたころに行われる行事なので、ママにとってはひさしぶりのお出かけになります。

お宮参りの基本的なマナーはおさえつつ、産後の体調を最優先に考えて、準備を進めましょう。

お宮参りの服装で、ママが気をつけたいこと

お宮参りに行くママの服装で、気をつけたいポイントは3つあります。

ひとつめは、お宮参りの主役は赤ちゃんだということ。

ドレスを着た赤ちゃん

ママやパパの方が目立つことのないように、上品で落ち着いた装いが求められます。

特に、格式の高い神社仏閣に参拝したり、両家の両親が揃う食事会を開催したりする場合は、フォーマルな服装で出かけましょう。

赤ちゃんが祝い着を着る場合は、ママも和装にするのが基本ですが、最近では動きやすさを重視して、洋装を選ぶ人も増えています。

セレモニースーツやワンピースであれば、赤ちゃんが和装でも洋装でも、どちらにも対応ができます。

セレモニースーツ
画像引用元:ドレスレンタル cariru(カリル)

ふたつめのポイントは、赤ちゃんのお世話がしやすい服装であること。

生後1ヶ月の赤ちゃんは、まだ授乳間隔が短いもの。

授乳をしたり、ミルクをつくったり、おむつ替えをしたりと、赤ちゃんのお世話をする機会も多いです。

ですから、授乳のしやすさ、動きやすさは、服装選びの大切なポイント。

授乳口のついているワンピースや、前びらきのブラウスは、さっと授乳ができて便利です。

最後のポイントは、ママの産後の体調に合わせた服装を選ぶこと。

体を締めつける服装だと、セレモニー中に体が痛くなったり、気持ちが悪くなる可能性もあります。

産前に着ていたワンピースでは、サイズが合わなくなっている場合もあるので、体型カバーも兼ねて、無理なく着られるゆったりしたデザインを選ぶのがおすすめです。

ゆったりしたワンピース
画像引用元:ドレスレンタル cariru(カリル)

両家の親族が集まる場合は、事前に服装の打ち合わせをして、統一感を持たせるといいですね。

夫婦と赤ちゃんだけでお宮参りを済ませる場合は、普段より少しきれいめな服装を意識して参拝するといいでしょう。

お宮参りの服装、ママの着物の選び方

お宮参りで神社に参拝するときの正装は、以前は黒留袖とされていましたが、いまは訪問着や色無地、付け下げが一般的となっています。

帯は、フォーマルの場にふさわしい袋帯を選びましょう。

赤ちゃんを抱っこして歩くことも多いので、下駄は安定感のある低めのものに。

眠る赤ちゃん

赤ちゃんの華やかな祝い着が映えるように、ママはひかえめな色・柄の着物にします。

夏は、涼しい単衣の着物にするといいでしょう。

おなか周りが苦しくないように、着付けをしてもらってくださいね。

着物で授乳をするのは難しく、着崩れてしまうことも多いので、授乳は着付け前にたっぷりとしておきましょう。

ミルクや搾乳した母乳を哺乳瓶で飲ませる練習をしておくと、より安心です。

お宮参りの服装、ママのスーツの選び方

セレモニースーツやフォーマルなワンピースを選ぶときも、赤ちゃんが主役ということを忘れずに。

派手な色や柄は避け、上品で落ち着いたデザインのものを選びましょう。

ゆったりしたサイズを選ぶと、締め付けがないので、長時間のお出かけでも疲れにくいです。

ゆったりしたスーツ
画像引用元:ドレスレンタル cariru(カリル)

授乳口のついているワンピースであれば、ささっと授乳ができて便利ですよ。

ワンピースの授乳口
画像引用元:ドレスレンタル cariru(カリル)

神社の境内は、砂利道や階段が多いので、ハイヒールの靴は歩きにくいです。

ヒールの低いパンプスを選ぶといいですね。

お宮参りの服装はカジュアルでもいいの?

お宮参りは、神社やお寺といった神聖な場所で行う伝統行事です。

デニムやスウェット、ミニスカート、サンダル、毛皮は、お宮参りには不向きです。

派手な服装、アクセサリーもふさわしくありません。

夫婦と赤ちゃんだけで簡単にお参りをする場合以外は、フォーマルな服装で参拝したほうがいいでしょう。

お宮参りに行くママの服装はレンタルでOK!

お宮参りはきちんとした服装で行きたいけれど、この日のために買いに行くのは、大変ですよね。

出産後の体型にあわせ、マタニティ向けのドレスを選ぶとなると、1回しか着ない可能性もあります。

それなら、リーズナブルで、ぴったりの服装が見つかる、ドレスレンタルがおすすめです!

ドレスレンタルサービス「Cariru(カリル)」は、お宮参りにぴったりの落ち着いたワンピースや、授乳できるマタニティドレス・マタニティスーツが充実しています。

カリルのスーツ
画像引用元:ドレスレンタル cariru(カリル)

赤ちゃんを抱っこしても負担がかからない、ローヒールのパンプスもレンタルOK。

Cariruで、お宮参りに行くママの、全身コーデができちゃいます!

種類もサイズも充実しているCariru。
どんなアイテムがあるか、さっそくこちらから、見てみてください!

Cariru(カリル)
公式サイトはこちら

お宮参りの服装。ママの春コーデ

セレモニースーツは、ネイビーやグレー、ブラックといったベーシックカラーが一般的ですが、春にお宮参りへ行くなら、春らしいカラーをチョイスするのもおすすめです。

カリルのアイテム
画像引用元:ドレスレンタル cariru(カリル)

肌寒い日もあれば、汗ばむような陽気の日もあるので、体温調節ができる服装にしましょう。

ジャケットやカーディガンを持参するといいですね。

お宮参りの服装。ママの夏コーデ

暑い夏にお宮参りを行う場合は、涼しげなワンピースがおすすめ。

カリルのアイテム
画像引用元:ドレスレンタル cariru(カリル)

半袖や七分袖のワンピースはフォーマルな場にもふさわしいですが、ノースリーブは肌の露出が多くなるので、避けたほうが無難です。

暑いからといって、生足で参拝するのはNG。

必ずストッキングを着用するのが、マナーです。

神社のご祈祷会場や食事会の場は、冷房がよく効いていることもありますので、エアコン対策にジャケットやボレロを持参するといいでしょう。

お宮参りの服装。ママの秋コーデ

少しずつ寒くなってくる秋にお宮参りをするときは、ジャケットとワンピースの組み合わせやセレモニースーツが、気温の変化に対応できておすすめです。

カリルのアイテム
画像引用元:ドレスレンタル cariru(カリル)

秋らしいシックな色合いのものや、ツイード生地で季節感を取り入れてみてはいかがでしょうか。

お宮参りの服装。ママの冬コーデ

冬のお宮参りは、赤ちゃんもママも防寒対策が必須。

スカートやワンピースでは、体が冷えてしまう可能性があるので、パンツスーツを選んでもいいでしょう。

カリルのアイテム
画像引用元:ドレスレンタル cariru(カリル)

コートやマフラー、カイロなども持参して、温かくして参拝しましょう。

お宮参りの服装を、gu・ユニクロで探す!

「お宮参りのときしか着ない洋服を買うのはもったいない」
「お宮参りのあとも、普段使いできるものを選びたい」

そう考える人は、ユニクロやGUで、お宮参りの洋服を探してみてはいかがでしょうか。

ユニクロのテーラードジャケットとパンツは、セットアップで着用すると、フォーマルな装いにも対応できます。

ジャケットのインナーには、ブラウスがぴったり。

シルクスタンドブラウスは、前開きで授乳もしやすく、高級感もあるのでおすすめです。

レーヨンブラウスやワンピースは、シーズンごとにデザインを変えて登場しますので、フォーマルシーンにも使えるものがないか、ぜひチェックしてみてください。

GUは、ノーカラージャケットからテーラードジャケットまで、ジャケットのデザインが豊富です。

ツイーディーノーカラージャケットとタイトスカートのセットアップは、フォーマルにも十分対応できるエレガントな素材とデザインです。

まとめ

お宮参りに着ていくママの服装は、主役である赤ちゃんの可愛さを引き立てるような、上品なコーディネートを意識しましょう。

赤ちゃんのお世話のしやすさや、ママの産後の体調にも気を配って、無理のない服装を選びたいですね。

セレモニースーツやフォーマルウェアは出番が少ないので、ファッションレンタルを活用すると、費用面も抑えられますし、クローゼットのこやしを増やすこともありません。

赤ちゃんもママも、心地よく過ごせる服装を選んで、一生の記念になる一日を過ごしてくださいね!

ライター紹介

PETAL編集部

PETAL編集部

働く女性や、子育てで時間がないママの強い味方「ファッションレンタル」。結婚式やパーティーの気分を盛り上げる「ドレスレンタル」。PETAL(ペタル)編集部では、さまざまな洋服レンタルの紹介と、洋服の悩みを解決するTIPSをお届けします!

\ 商品ラインナップを見てみる/

ドレスをレンタルしたい人へ
全国どこでもレンタル・配送
人気ブランドの新作もいっぱい!
最短翌日お届け

\ 商品ラインナップを見てみる/

ドレスをレンタルしたい人へ
全国どこでもレンタル・配送
人気ブランドの新作もいっぱい!
最短翌日お届け

\ 商品ラインナップを見てみる/

ドレスをレンタルしたい人へ
全国どこでもレンタル・配送
人気ブランドの新作もいっぱい!
最短翌日お届け

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です