洋服コラム

黒が似合わない女性の特徴。カラータイプ別の、おすすめ着こなし術

黒は、おしゃれにも、ベーシックにも使える万能カラー。

でも、「なんだか、黒が似合わない……」と悩む方は、少なくありません。

そこで、この記事では、黒が似合わない女性の特徴をまとめました。併せて、パーソナルカラーごとの、黒を似合わせるポイントも紹介します。

ベーシックな黒を着こなせば、おしゃれがさらに楽しくなります。毎日の着こなしに、この記事がお役に立てれば幸いです。

黒が着たいけれど、似合わない……。しっくりこない理由って?

レースのワンピース

黒は、ベーシックカラーと呼ばれるほど、定番で万能な色。

どんな服にも合わせやすいけれど、「なんだかしっくりこない」、「似合わない」と感じる人も多いんです。

まずは、黒が似合わない理由を見ていきましょう。

日本人は黒が似合わない?

日本人は、髪、眉、眼が黒いため、黒を身に着けると、暗く見えてしまう人が多いです。

また、パーソナルカラーのなかで、黒が似合うのがブルーベースのウインター(冬)タイプですが、日本人は15%程度。

日本人は、もともと黒が似合うパーソナルカラーの人が少ないため、しっくりこない人が多いんですね。

パーソナルカラーとは?

自分が生まれ持った髪や肌、瞳の色から個人に似合う色を診断するもの。
青み系カラーが得意なブルーベースと、黄味が強い色が得意なイエローベースの2種類があり、さらにその中で、春・夏・秋・冬の4タイプに分類されます。

黒を着ると、老けて見える理由

黒を着ると、顔回りが重く、硬い印象になりがちです。

というのも、顔周りに黒をもってくると、お顔に反射する光が少なくなります。

黒いトップスを着た女性

光が少なくなると、顔にできる陰影が深くなるため、シワやほうれい線が目立ちやすくなり、老けて見えてしまう原因になります。

黒が似合わない女性の特徴

日本人だから、ということ以外にも、つぎのような人は、黒が似合わない傾向です。

  • 薄い顔の人
  • 童顔の人

黒は強い色なので、薄い顔立ちの人は負けて見えてしまうので、できるだけ避けるのがおすすめ。

薄顔の人が黒を着たいときは、老けて見える人と同様に、顔の近くに黒を持ってこないのがポイントです。

ほかにも、童顔の人は黒が似合わない傾向があります。大人っぽく見せたいからと黒をチョイスすると、かえって似合わなくなってしまうことも……。

ガーリーなアイテムで黒をチョイスするほうが、雰囲気にマッチしますよ。

洋服売り場

また、自分自身に似合っていないのではなく、コーディネートに黒があっていないため、黒が浮いて見えるケースもあります。

その場合は、モノトーンやベージュなど、ベーシックカラーで組み合わせてみると、似合わないと思っていたアイテムが着こなせるかもしれません!

黒が似合わないパーソナルカラー

上記でも、黒はパーソナルカラーのなかで、ウインタータイプ以外は似合いにくい色と紹介しました。

ベーシックな色なのに、似合わない人のほうが多いのは、なんだか意外に感じますが、黒はそれくらい強い色なんです。

パーソナルカラー

ただ、ウインター以外の人が、コーディネートにまったく黒を使ってはダメ、ということではありません。

スプリング、サマー、オータムタイプの人が黒を着るときは、ちょっと工夫を加えるだけで、黒をなじませることができますよ。

ここからは、それぞれのパーソナルカラーが、黒を着こなすためのコツを紹介します。

黒が似合わない!カラータイプ別、着こなし術【ブルベ夏・冬】

青み系カラーが似合う、ブルーベース。

そのなかでも、サマータイプとウインタータイプで、似合う色は違います。

ブルベ夏

サマーは、青み系のなかでも淡い色が似合うタイプ。透明感があり、フェミニンな印象があります。

ウインターは、コントラストが強い配色が似合います。シャープで、かっこいい印象を持つタイプです。

ブルベ夏(サマー)の黒コーデ

シフォンブラウス

ブルベ夏は、黒がとくに苦手なパーソナルカラー。反対に、パステルカラーがよく似合います。

もし、黒のアイテムを取り入れたいときは、ボトムなど顔から遠いアイテムにしたり、メインではない小物に取り入れたりするのがおすすめです。

どうしても黒をメインにしたいときは、チュールやシフォンなど、透け感のある素材のものを選ぶと似合わせやすいです。

ブルベ冬(ウインター)の黒コーデ

大きな花柄のブラウス

ブルベ冬は、コントラストが強い色が得意で、黒が似合うパーソナルカラー。

もし、「ブルベ冬なのに、黒が似合わない」と感じている人は、黒そのものが原因ではなく、コーディネートの配色が似合っていないのかもしれません。

黒も似合いますが、鮮やかな色も似合うので、黒とビビッドカラーの組み合わせもおすすめです!

ブルベ(夏・冬)タイプに似合う色・似合わない色と、服選びのコツ

黒が似合わない!カラータイプ別、着こなし術【イエベ春・秋】

イエローベースは、黄味がかった色が似合うタイプです。

イエベは、スプリングとオータムにわけられます。

パーソナルカラーイエベ

スプリング(春)は、黄味がかった鮮やかな色が似合います。

オータム(秋)は、深みのある色が似合うタイプ。

ここからは、イエベ春と秋、それぞれの黒の着こなし方を紹介します。

イエベ春(スプリング)の黒コーデ

メチャカリで借りたブルゾン

スプリングは、イエローベースの鮮やかな色が似合うタイプです。

パステルピンクやイエローなどの、華やかな色と黒を組み合わせるコーディネートがおすすめです。

ストールやハット、アウターなどをパステルカラーにしてみると、一気に似合わせることができますよ。

イエベ秋(オータム)の黒コーデ

ノースリーブの女性

オータムは、スプリングとは逆で、イエローベースでも濃いカラーが得意なタイプです。

ただし、濃い色といっても、くすみ系の色が得意で、真っ黒は苦手な傾向。

そのため、カーキやアイボリー、マスタードなどのくすみ系カラーと、黒の組み合わせがおすすめです。

ブルベ(夏・冬)タイプに似合う色・似合わない色と、服選びのコツ

おばさんは黒が似合わない…? 40代、似合わなくなったと感じたら

ロングコート

黒は老けて見える色なので、40代以降になってくると、似合わないと感じるようになります。

そのため、黒をメインカラーにするのを避けるのはひとつの方法です。

また、黒髪をやめて、やわらかい色のブラウンにするなど、すべてが真っ黒にならないように意識すると良いですよ。

アクセサリーを、華やかなものにするのもポイントです。

まとめ

黒はベーシックな色ですが、日本人で似合う人は限られています。そのため、似合わないと感じる人は多いようです。

黒のアイテムが、全般的に似合わない人は、顔が童顔だったり、薄い傾向があります。

ジャンパースカート

また、パーソナルカラーが春・夏・秋の人は、似合いにくいので、黒いアイテムは、顔から離れたアイテムで取り入れるのがポイント。

パーソナルカラー冬なのに、黒のアイテムが似合わないというときは、コーディネートと合っていないのかもしれません。

この記事を読むと、黒は難しい色という印象がついてしまうかもしれませんが、コーディネートを引き締めてくれる色でもあります。

上手に取り入れれば、ワンランク上のおしゃれができるようになりますよ。

ぜひ、上手に色と付き合って、おしゃれの幅を広げましょう!

ライター紹介

PETAL編集部

PETAL編集部

働く女性や、子育てで時間がないママの強い味方「ファッションレンタル」。結婚式やパーティーの気分を盛り上げる「ドレスレンタル」。PETAL(ペタル)編集部では、さまざまな洋服レンタルの紹介と、洋服の悩みを解決するTIPSをお届けします!

洋服選びにお悩みの方へ
トレンド服も
シーズン服も
かしこくレンタル!

洋服選びにお悩みの方へ
トレンド服も
シーズン服も
かしこくレンタル

洋服選びにお悩みの方へ
トライしたい服が
ここにある!

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です