洋服コラム

骨格ナチュラルタイプに似合うパンツの選び方。おしゃれなパンツコーデのコツ

「骨格ナチュラルタイプには、どんなパンツが似合う?」
「形・丈は、どう選べばいい?」

この記事では、骨格診断ナチュラルタイプの方に、似合うパンツ・似合わないパンツの特徴をご紹介します!

「似合わない」とされるタイプのパンツにも使える、骨格ナチュラルさんの着こなしのコツもご紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

「運命の1本」と思えるパンツと出会うため、この記事がお役に立てれば幸いです。

骨格診断ナチュラルタイプの特徴

まずは、骨格ナチュラルさんの特徴と、似合う服のポイントをご紹介します。

骨格ナチュラルさんの特徴は、手足が長く、骨や関節が目立ちやすいこと。

肩幅が広めで、腰の位置が高い人が多いです。

ナチュラルの特徴

骨格ナチュラルタイプは、筋肉や脂肪がつきにくいので、肉感はあまり感じられません。

全体的に直線的なボディラインで、体全体のフレームがしっかりとしています。

そのため、骨っぽさやがっしり感を感じさせない、ゆったりしたアイテムがおすすめです。

ざっくりニットの女性

骨格ナチュラルさんなら、体が泳ぐようなオーバーサイズのアイテムを着ても野暮ったくならず、むしろ体のラインがきれいに見えます。

カジュアルスタイルを、洗練された雰囲気で着こなせるのは、骨格ナチュラルさんの特権です!

骨格ナチュラルタイプに似合うパンツ

スラリとした、長い手足を持つ骨格ナチュラルさんですが、意外とパンツ選びに悩みがちです。

骨や関節が目立ちやすいため、「ひざの皿が目立つ」「骨ばってしまう…」と、感じる方が多いんです。

そんなお悩みを解決できるパンツを、次にご紹介していきます!

骨格ナチュラルタイプに似合うパンツの形・丈

骨格ナチュラルさんのパンツ選びは、次のポイントをおさえておいてください!

パンツを選ぶなら
  • シルエットは、ゆったり
  • 厚手・ハリのある素材
  • フルレングス、くるぶし丈など、長めが◎

骨格ナチュラルさんにおすすめしたいのは、ゆったりとしたシルエットのパンツ。

腰まわりや、ひざの骨ばった部分をカバーしつつ、こなれた印象を演出してくれます。

厚手の素材、ハリのある素材のパンツは、特にベストマッチ。

デニム、チノ、リネン、コーデュロイ、ウールといった、厚手でナチュラルな素材のパンツは、骨格ナチュラルさんによく似合います。

デニムワイドパンツ

個性的なデザインが得意なので、ダメージデニムやヴィンテージデニムも着こなせる骨格タイプです。

フルレングスやくるぶし丈を選ぶと、足の長さをさらに引き立てることができます。

骨格ナチュラルさんは、ワイドパンツがおすすめ

3つの骨格タイプの中でも、一番ワイドパンツが似合うのが、骨格ナチュラルタイプです。

骨格ナチュラルさんには、肩幅が広い人が多いので、横に広がるデザインのワイドパンツを履くと、全身のバランスがとりやすくなります。

かなりワイドなデザインでも、かっこよく着こなせますよ。

ワイドパンツの丈は、ロング丈がベスト。

ホワイトのワイドパンツ

ロング丈のワイドパンツで下半身に重心を持ってくると、スタイルアップします。

すそがフレアになっているものや、スリットが入っているものも、骨格ナチュラルさんなら難なく着こなせます。

ハイウエストタイプのワイドパンツは、肩との距離が近くなり、上半身がせまく見えて、ガッシリ感が強調されてしまうので、避けた方が無難です。

トップスをワイドパンツにインする場合は、ジャストウエストのワイドパンツにするといいでしょう。

ゆったりとしたトップスとワイドパンツを合わせるルーズなコーディネートも、骨格ナチュラルさんならおしゃれに見えます!

ワイドパンツが似合わない!? 素材・形をチェック

「骨格ナチュラルタイプなのに、ワイドパンツが似合わない…」という人は、ワイドパンツの素材や形を見直してみてください。

骨格ナチュラルさんは、しっかりした骨格の雰囲気に負けない、厚手でハリのある素材が得意。

ハリのある生地のパンツスーツ

柔らかくて薄い生地や、するするとした光沢感のある生地が、似合いにくいタイプです。

こうした生地のワイドパンツを履くと、足のラインを拾ってしまったり、歩いたときにひざが目立ったりしてしまいます。

着用前に、ワイドパンツが型崩れしていないか、ひざが出ていないかも、しっかりチェックしてみてくださいね。

骨格ナチュラルタイプに似合わないパンツ

次は、骨格ナチュラルさんに似合わないパンツを見ていきます。

苦手なパンツの、着こなしのコツもご紹介するので、チェックしてみてください。

骨格ナチュラルタイプに似合わないパンツの形・丈

骨格ナチュラルさんに似合いにくいのは、ぴったりと足に沿う、細身のパンツ

スキニーデニムの女性

ひざ上丈や、ミニ丈のショートパンツも、骨格ナチュラルさんには、あまりおすすめできません。

足がすらっとしていて、ひざが大きいので、少年のような印象になり、女性らしさが出にくくなります。

テーパードパンツ

骨格ナチュラルさんは、カジュアルでラフな装いがよく似合うので、細身のテーパードパンツは、あまり得意ではありません。

骨格ナチュラルさんののびのびとした体の雰囲気が、テーパードパンツに押し込められているような印象になってしまいます。

腰まわりの骨や、ひざの大きさも強調されてしまうので、テーパードパンツを選ぶときも、ゆったり目を意識しましょう。

ワイドパンツの女性

センタープレスが入ったゆったりめのテーパードパンツは、通勤にも使えます!

スリムパンツ

スキニーパンツや細身のパンツは、骨格ナチュラルさんの苦手なアイテム。

もともと着やせして見えやすいタイプですが、ぴったりと足に沿うパンツを履くことで、骨っぽさが強調されて、貧相に見えてしまうんです。

スリムなパンツスタイル

腰まわりもしっかりとしているので、ぴったりとしたパンツを履くと、太っていなくても、ウエストが大きく見えてしまいます。

細身のパンツをはくときは、Yラインを意識

細身のパンツも、トップスのアイテム次第では、骨格ナチュラルさんに似合わせることができます!

骨格ナチュラルさんが細身のパンツを履くときは、ゆったりとしたオーバーサイズのトップスを合わせるのがおすすめ。

Yラインを意識してコーディネートを組むと、細身のパンツもバランスよくまとまります。

ストールでボリューム感をアップしたり、大ぶりのアクセサリーをつけるのも、おしゃれに見せるテクニックのひとつです!

オーバーサイズのトップスを着た女性

さらに、足元に主張のあるデザインのシューズを合わせると、上半身と下半身のバランスがアップ。

ボリュームのあるスニーカーやサンダル、ブーツは、細身のパンツと相性抜群です。

ユニクロ・guで買う、骨格ナチュラルタイプ向けパンツ

「さっそく似合うパンツを買いたい!でも、まずはプチプラで試してみたい」

そんな人のために、ユニクロやGUで買える、骨格ナチュラルさん向けのパンツをご紹介していきます!

ユニクロのおすすめアイテム

「ワイドパンツ・スカートパンツ」のカテゴリが用意されている、ユニクロ。

骨格ナチュラルさんに似合う、ゆったりとしたシルエットのパンツが豊富に用意されています。

デニムであれば、ワイドパンツやボーイフレンドデニムが、骨格ナチュラルさんにはおすすめ。

きれいめでハリのある素材のワイドパンツは、オンにもオフにも使えます。

しわ感のあるプリーツが特徴のスカートパンツも、骨格ナチュラルさんが得意とする個性的なアイテムです。

guのおすすめアイテム

GUには、トレンド感のあるワイドパンツがたくさんラインナップされています。

大胆なチェック柄のワイドパンツや、チノ素材のゆったりとしたカーゴパンツも、骨格ナチュラルさんによく似合います。

デニムも、タックの入ったワイドパンツから、ほどよいゆとりのセミワイドパンツまで、豊富に揃っていますよ。

まとめ

手足が長く、スラリとした骨格ナチュラルさんには、ゆったりしたワイドパンツがイチ推し!

体にはりつくような、薄い素材よりも、厚手でハリのあるパンツがおすすめです。

ボディラインをはっきり出さないパンツのほうが、全身をスタイリッシュに見せてくれるんですね。

細身のパンツをはくときは、大きめトップスで、バランスをとってみてください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ライター紹介

PETAL編集部

PETAL編集部

働く女性や、子育てで時間がないママの強い味方「ファッションレンタル」。結婚式やパーティーの気分を盛り上げる「ドレスレンタル」。PETAL(ペタル)編集部では、さまざまな洋服レンタルの紹介と、洋服の悩みを解決するTIPSをお届けします!

洋服選びにお悩みの方へ
洋服選びに
お悩みの方へ

洋服選びにお悩みの方へ
トレンド服も
シーズン服も
かしこくレンタル

洋服選びにお悩みの方へ
洋服選びに
お悩みの方へ

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です