洋服コラム

骨格ウェーブはカジュアルが苦手? 似合わせるためのコツ

骨格ウェーブに似合う、カジュアルファッションについてまとめました。

フェミニンが得意で、カジュアルが苦手といわれる骨格ウェーブですが、特徴をいかしてアイテムを選ぶと、似合うようになりますよ。

この記事では、骨格ウェーブに似合う・似合わないカジュアルアイテムや、コーディネートの方法について紹介します。

毎日着る、カジュアルアイテムをもっと自分に似合わせて、おしゃれを楽しみましょう。

骨格ウェーブの特徴

骨格ウェーブタイプのイラスト

骨格ウェーブは、カーヴィーで丸みのあるボディラインが特徴。

3つの骨格診断タイプのなかでも、とくにフェミニンなタイプです。

全身のバランスで見ると、上半身が薄く華奢ですが、下半身にボリュームがあります。

他にも骨格ウェーブは、こんな特徴があります。

  • バストやウエストの位置が低い
  • 鎖骨が薄く浮き出ている
  • 筋肉がつきにくく、脂肪がつきやすい
  • 肌質がやわらかくソフト

骨格ウェーブは、やわらかで女性らしい印象を持つ、素敵な骨格です。

華奢な骨格をいかしたコーディネートを楽しみましょう。

ただし、「カジュアルファッションを着たい」と思って、似合う着こなしを模索してみると、「骨格ウェーブはカジュアルが似合わない」と言われがち。

でも、ポイントを押さえれば、骨格ウェーブの魅力をいかしたカジュアルファッションを楽しめますよ。

この記事では、骨格ウェーブに似合う、カジュアルファッションについて紹介します。

骨格ウェーブは、カジュアルが似合わない?

骨格ウェーブが得意なファッションは、フェミニンなテイスト。

半面、カジュアルが似合わないと言われがちです。

なぜ、「骨格ウェーブはカジュアルが似合わないと言われるのか」というと、つぎのような理由が挙げられます。

似合わない理由
  • オーバーサイズのアイテムを着ると、野暮ったく見えやすい
  • 肌質がやわらかいため、硬い生地が肌になじみにくい
  • コントラストの強い、大きな柄が似合いにくい
  • ざっくりと編まれたニットが苦手

カジュアルで定番のアイテムが、骨格ウェーブに似合いにくい傾向なんですね。

だからといって、カジュアルが着れないというわけではありません。

ここからは、骨格ウェーブに似合わないカジュアルアイテムと、似合うアイテムの両方を、見ていきましょう。

骨格ウェーブが避けたいカジュアルアイテム

定番のカジュアルアイテムのなかで、骨格ウェーブが似合いにくいアイテムは、つぎのようなもの。

骨格ウェーブに似合いにくい理由もあわせて紹介します。

シンプルなVネックのトップス

Vネックのトップスを着る女性

骨格ウェーブは、上半身が華奢なので、シンプルすぎるTシャツやカットソーを着ると貧相に見えてしまいがち。

とくに、襟が大きく開いたVネックは、似合いにくい傾向にあるので避けましょう。

トップスだけではなく、ワンピースを選ぶときも、広く開いたVネックは避けてください。

オーバーサイズのアイテム

ニットカーディガン

骨格ウェーブがオーバーサイズのアイテムを着るときに、上下のバランスを間違えると、野暮ったく見えてしまいます。

骨格ウェーブは、手首や足首が細く、そこを見せると着痩せに繋がるので、隠してしまうような丈感も避けたいもの。

ゆったりしたアイテムを着たいときは、手首や足首を出して、メリハリをつけるのがポイントです。

ロング丈のスカート

ストンと落ちる形のスカート

骨格ウェーブは、下半身にボリュームのある体型。

そのため、足が太く見えるので、それを隠そうとロング丈のスカートを履きたくなりますが、かえって下半身をより太く見せてしまいます。

ロングスカートよりも、足元は軽やかに見えるミニ丈のほうが似合います。

ただし、どうしても足を隠したいなら、足首が出るくらいの丈にしたり、チュールなど軽やかな素材のものを選ぶのがポイントです。

ロングスカートと同じ理由で、ワイドパンツも足首が見えるくらいの丈を選ぶと良いですよ。

麻、レザー、デニムなどの硬い素材

デニムワイドパンツ

骨格ウェーブは、ソフトな肌質のため、硬い素材は肌になじみにくいです。

そのため、麻やレザー、デニムなどは似合いにくいアイテム。

でも、カジュアルの定番なので、取り入れたいと思いますよね。

そこで、硬い素材をコーディネートに取り入れたいときは、顔から離した場所に加えるのがポイント。

ボトム、バッグ、靴などに、アクセントとして取り入れるのがおすすめです。

大きな柄

エアクロのレースタイトスカート

骨格ウェーブは、コントラストがつよく、大きな柄も避けるのがおすすめです。

例えば、ドット(水玉)柄であれば、小さく細かいもの、花柄は大きなボタニカル柄などよりも小花柄が似合います。

また、同様にアクセサリーも華奢なものが得意で、大ぶりなものが苦手なので、選ぶときのポイントにしてみてください。

骨格ウェーブが避けたいアイテムをまとめると、次のようなものになります。

  • 大きく開いたVネック、シンプルなトップス
  • オーバーサイズのアイテム全般
  • ロング丈のスカート
  • 麻、レザー、デニムなどの硬い素材
  • 大きな柄

つぎは、骨格ウェーブに似合う、カジュアルなアイテムを紹介します。

骨格ウェーブに、おすすめカジュアルアイテム

つぎは、骨格ウェーブに似合うアイテムを見ていきましょう。

骨格ウェーブに似合うトップス

骨格ウェーブに似合う、カジュアルに使えるトップスはつぎのようなものです。

  • ぴったりとしたカットソー
  • 細身のリブニット

骨格ウェーブは、身体にフィットするトップスがおすすめ。

ドット柄やギンガムチェックなど、細かい柄が入っているものを選ぶと、似合いやすいですよ。

ドット柄のトップス

甘くなりすぎるのが嫌という場合は、カラーを落ち着いた色にしたり、ボトムでカジュアルな要素を加えましょう。

トップスは、顔に近いため、できるだけ似合う要素の多いアイテムを選ぶと失敗しません。

骨格ウェーブに似合うボトムス

下半身にボリュームが行きやすい、骨格ウェーブ。

ボトムスは、軽やかなものを選ぶと、バランスがとれます。

  • 膝より上のミニスカート
  • スキニーパンツ

骨格ウェーブは、膝より上の丈のミニスカートなら、形を問わずに似合うタイプ。

トレンドスカート

レオパード柄も、骨格ウェーブに似合うアイテム。カジュアルに取り入れやすいので、ぜひスカートで取り入れてみてください。

パンツを履くならスキニーがベスト。

足首が見える丈だと、細見えするのでおすすめです。

骨格ウェーブに似合うワンピース

ワンピースは、トップス、ボトムスと考え方は同じです。

とくに似合うものを選びたいなら、つぎのようなものがおすすめです。

  • 細かい柄のもの
  • ウエスト切り替えになっているもの

ワンピースは、1枚でコーディネートがきまるので、似合うアイテムを持っているとコーディネートがぐんと楽になります。

メチャカリでレンタルしたワンピースの画像

骨格ウェーブに似合う、細かい柄のアイテムや、上半身と下半身のバランスをとるために、ウエスト切り替えのものを選ぶと良いでしょう。

骨格ウェーブに似合うスニーカー

カジュアルの定番、スニーカー。

骨格ウェーブに似合うものを選ぶなら、コンパクトでソールは低め、薄いデザインのものを選ぶのがポイントです。

スニーカー

重ためのスニーカーは、下半身のボリュームを増してしまうため、避けましょう。

似合うアイテムがわかったら、つぎは骨格ウェーブに似合う、コーディネートのポイントをおさえましょう。

骨格ウェーブさんが似合う、カジュアルコーデの作り方

骨格ウェーブは、苦手なカジュアルアイテムが多い傾向ですが、コーディネートに一工夫を加えれば、なじませることができます!

次に紹介するポイントを、ぜひ取り入れてみてくださいね。

①トップスかボトムスのどちらかを、ぴったりとさせる

デニムをはいた女性

ゆったり×ゆったりは苦手ですが、上下のどちらかにフィットするアイテムを取り入れれば、一気に野暮ったさがなくなります。

オーバーサイズのトップスを着るなら、台形のミニ丈スカートを取り入れたり、スキニーパンツを取り入れたりしましょう。

肩がけカーディガン×スキニーパンツ

型掛けカーディガン

首や顔周りにボリュームがでるアイテムを選ぶと、目線が上に行きます。

でも、カジュアルコーデがあまり華美になると、かわいくなりすぎることも。

そこで、お手軽にできるのが、カットソーやTシャツを着た上に、カーディガンを肩にかけて巻く方法。

カジュアルさを残しながら、顔回りの物足りなさをカバーすることができます。

襟の詰まったカットソー×ジャンパースカートで、カジュアルかわいい着こなしに

ジャンパースカート

最近、定番になったジャンパースカートも、カジュアルさとガーリーさの両方があり、骨格ウェーブに似合うアイテム。

小花柄や小さい水玉模様のアイテムをチョイスすると、より骨格ウェーブに合うコーデになりますよ。

骨格ウェーブに似合うカジュアルを着たい人へおすすめの、ファッションレンタル

「似合うアイテムはわかったけれど、自分で選ぶのに自信がない」

ここまで読んでいて、そう感じている人もいるはず。

そんな人には、月額制のファッションレンタルがおすすめ。

レンタルなら、もし借りて似合わなくても、返却できるので、似合わない服がクローゼットにたまっていくことがありません。

似合うかどうかを家でゆっくり試着して決めることができますよ。

レンタルサービスは複数ありますが、おすすめは「メチャカリ」。

メチャカリから届いたアイテム3点

カジュアルアイテムをたくさん扱っていて、トップス、ボトムス、ワンピースの他にもアウターやバッグを借りることもできるんです!

シーズン中にたくさん着るのも良いですし、気に入ったら買い取りもできます。

クリーニングも不要で、とてもお得にファッションを楽しめます。

メチャカリも併せて、チェックしてみてください。

メチャカリで届いた洋服・ブランド・サイズ。20代~50代まで!

まとめ

骨格ウェーブは、カジュアルが苦手と言われていますが、アイテムの選び方やコーディネートにひと工夫を加えれば、おしゃれに着こなすことができます。

ジャストサイズで、ボトムの丈は短くて軽やかなものにすれば、間違いありません。

デニムや麻などの苦手な素材は、顔から遠いボトムや小物で取り入れましょう。

もしアイテム選びやコーディネートに悩んだら、ファッションレンタルを活用するのがおすすめ。

骨格ウェーブならではの着こなしを、楽しんでくださいね。

PETALには、洋服選びのヒントになる記事がたくさんあります。

もっと洋服を、おしゃれに着こなすためのヒントになれば幸いです。

ライター紹介

PETAL編集部

PETAL編集部

働く女性や、子育てで時間がないママの強い味方「ファッションレンタル」。結婚式やパーティーの気分を盛り上げる「ドレスレンタル」。PETAL(ペタル)編集部では、さまざまな洋服レンタルの紹介と、洋服の悩みを解決するTIPSをお届けします!

洋服選びにお悩みの方へ
洋服選びに
お悩みの方へ

洋服選びにお悩みの方へ
トレンド服も
シーズン服も
かしこくレンタル

洋服選びにお悩みの方へ
洋服選びに
お悩みの方へ

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です