洋服コラム

グレーに似合う色。大人っぽくおしゃれに着こなすポイント

グレーのチュールスカート

クールで大人っぽいスタイルを演出してくれるのが、グレーのファッションアイテムです。

でも、クールな色調が災いして、何となく印象が地味になってしまった、ということはありませんか?
また、カラーコーデがマンネリになりがち、と、悩んでいる方も少なくないと思います。

この記事では、グレーに似合うカラーを5つピックして、紹介します。
さらに、それらの色を使った春夏、秋冬のコーデポイントも、あわせて紹介しましょう。

グレーに似合う色

グレーのワンピースコーデ

「ブルー」、「白」、「ブラウン」、「ボルドー」、「グリーン」の5色を選んでみました。

一見、おとなしい組み合わせに見えますが、いえいえ、ちょっとくふうするだけで、すっきり垢抜けること請け合いです。

ブルー グレーコーデにバリエーションを与える色
クールなモノトーンコーデは安定の人気
ブラウン しっとり落ち着いた雰囲気が欲しい方に
ボルドー 秋色のカラーでフェミニンな魅力アップ
グリーン カジュアルにも、お出かけコーデにもOK

グレー × ブルー グレーコーデにバリエーションを与える色

デニムパンツ

グレーとコーディネートする色のイチオシは、ブルー系。

グレーのアイテムは、イメージよりもソフトな印象になるので、軽やかなライトブルーからしっとり落ち着いたネイビーまで、さまざまなタイプのブルーがありますが、基本的に、どのブルーもグレーとの相性は高得点です。

ブルーのタイプによってコーデの雰囲気が大きく変わりますから、違いを楽しみながらコーデを作るといいですね。

グレー × ブルー 春夏コーデのポイント

春夏コーデにおすすめのアイテムは、ブルーデニム。

デニムといえば、白いTシャツのコーデが夏らしいですが、コントラストがかなり明るくなります。
そのせいで、年に合わない、と敬遠する方も多いようですね。

その点、トップスをグレーにすると、コントラストがソフトになって、幅広い年代の方に合うコーデになります。

また、逆に明るいブルーのトップスを着た場合も、グレーのボトムがおすすめ。
明るさをほどよく抑えつつ、ブルーを引き立ててくれます。

グレー × ブルー 秋冬コーデのポイント

秋冬に着たいのは、スモークブルーとアビスブルーです。

スモークブルーは、グレーがかったブルーで、文字どおり煙ったような色です。
淡色のスモークブルーとライトグレーを組み合わせて、やわらかなグラデーションを作ります。
太陽の光が静かになってきた秋に、ぴったりの色調です。

あざやかな瑠璃色のアビスブルーは、コートやワンピースの差し色に使いましょう。
襟元からセーターのブルーをのぞかせたり、スカーフやストールにブルーを使うと、インパクト大です。

グレー × 白 クールなモノトーンコーデは安定の人気

グレート・ホワイトのコーデ

クールな雰囲気のモノトーンコーデは、根強い人気があります。
もちろん、グレーと白のカラーコーデも、安定の人気度。

純白を合わせると、都会的なスタイリッシュさや、涼しさが出ますし、オフホワイトを選ぶと全体にやわらかさを出すことができます。

白と黒の組み合わせは、硬すぎて苦手、という方にも、グレー×白コーデはおすすめ。
コントラストがおさえられて、羽織ものや小物と合わせやすくなりますよ。

グレー × 白 春夏コーデのポイント

春夏にグレーは少し重い、というイメージがあるかもしれませんが、ライトグレーと白の組み合わせは、実は意外にライトな清涼感があります。
薄手の生地を選ぶと、真夏でもOK!

また、ワンピースなど、白をコーデのメインに置き、濃い目のグレーを差し色に入れるのも素敵です。
白が映えるので、これも夏向けのコーデ。

グレー × 白 秋冬コーデのポイント

秋冬のコーデは、温かみを感じさせるオフホワイトとグレーの組み合わせが合います。
クールになりがちなグレーも、オフホワイトを合わせることで、ソフトなカジュアル感が出ます。

秋冬のグレーアイテムは、ジャケットにせよコートにせよ、濃い目のグレーが多いですね。
そうしたアイテムを着る際は、白を差し色にして、メリハリをつけるのもおすすめです。

グレー × ブラウン しっとり落ち着いた雰囲気が欲しい方に

ハンガーにかかった服

ブラウンもグレーも落ち着きのある色なので、この2色の組み合わせは、大人っぽいカラーコーデが楽しめます。

また、ブラウンは色調にバリエーションのある色ですので、いろいろな季節、シチュエーションに対応できるのも、グレー×ブラウンの強みです。

グレー × ブラウン 春夏コーデのポイント

色の組み合わせは良いのですが、春夏のコーデに使うと、少し重たい印象になりがちなのが、グレー×ブラウンの弱みです。

春夏には、ベージュに近いライトブラウンを選びましょう。
濃い目のブラウンは、差し色や小物に使って、コーデのアクセントにするのがおすすめです。

グレー × ブラウン 秋冬コーデのポイント

秋冬のコーデこそ、ブラウンの本領発揮です。
こげ茶、チョコレートなど深みのあるきれいなブラウンを、コーデのメインにしてみましょう。

ライトグレーを合わせてコントラストを出したり、あえてダークグレーと合わせておいて、明るい色の羽織ものを重ねるコーデも楽しいですね。

色調の異なるブラウンを重ねてグラデーションをつけ、グレーを差し色に使うのも、色にリズム感が出ます。

グレー × ボルドー 秋色のカラーでフェミニンな魅力アップ

ボルドーは暗い赤色のこと。
名称はボルドーワインにちなんでいますが、ワインレッドと違い、紫が入っていない、純粋な赤です。

落ち着いた色味は、秋のアイテムに人気です。
もちろん、グレーのクールな色合いとの相性も良好。

グレー × ボルドー 春夏コーデのポイント

前述のように、ボルドーは秋のイメージが強い色ですが、春夏にもちゃんと合います。

春夏のアイテムにボルドーを入れる場合は、重くならないように、デザインがシンプルなものがおすすめです。
または、動きのあるスカートも、春夏向けのアイテム。ライトグレーを合わせて、軽い雰囲気にしましょう。

グレー × ボルドー 秋冬コーデのポイント

秋冬は、ボルドーの深い色合いが強みを発揮する季節です。
たとえば、ボルドーのニットにグレーのボトムは、女性に人気の、定番カラーコーデ。
ボルドーのワンピースに、グレーを軽く羽織るのもいいですね。

また、ポイントで取り入れるのも素敵です。
グレーのカラータイツにボルドーの靴を合わせてみましょう。
きれいな組み合わせなので、あえてコーデのサブアイテムに使っても、おしゃれな印象を作ることができます。

グレー×ボルドーは、いろいろな形でコーデに取り入れることができる組み合わせです。
くふう次第で、コーデのバリエーションが広がるカラーといえるでしょう。

グレー × グリーン カジュアルにも、お出かけコーデにもOK

グレー×グリーンは、年代問わず人気のカラーコーデ。

淡いグリーンや、スモーキーグリーンはカジュアル向け、深みのあるグリーンはお出かけコーデ向けと、グリーンのコーデをおさえておくと、幅広く使えます。

ただ、グリーンは地味になりやすいので、色を選ぶのが少し難しいという声もあり、ここが弱みです。

グレー × グリーン 春夏コーデのポイント

春夏は、ミントグリーンやカーキのトップスなど、淡い色のグリーンを選ぶと、見た目にも涼しくて軽いコーデになります。

春らしいイメージが薄いグレーですが、ライトグレーと薄いミントグリーンの組み合わせは、春向けのコーデ。
いかにも春色、という感じにならないので、年代問わず使えるカラーコーデです。

カーキ色は、ラフ感のある生地を選ぶと、夏のカジュアルコーデにぴったり。清涼感も演出できます。

グレー × グリーン 秋冬コーデのポイント

秋冬は、濃いめ・深めのグリーンがおすすめ。
うぐいす色のような、くすんだグリーンも、秋冬のコーデに合います。

ただ、濃いグリーンは全体のイメージが地味になりがち。
気になる方は、グレーのアイテムに薄いものを選んだり、小物に白を使うなどして、アクセントをつけるとよいでしょう。

ニットアイテムは、生地で秋冬感を出せるので、ミントグリーンなど淡い色でもOK。

おすすめコーディネート

ホワイトのTシャツ×グレーのロングスカートで、夏っぽい大人カジュアルコーデ。

カジュアルにグレーを加えると、きれいめな雰囲気も加わります。

グレーニット×カーキのワイドパンツを組み合わせた秋冬コーデ。

スニーカーに白を取り入れると、重くなりすぎません。

グレーのロングカーディガンにブラウンのパンツをあわせた、きれいめコーデ。

リラックス感を加えるのが、今っぽく着こなすコツです。

まとめ

グレーのトップスを着た女性

グレーに合わせやすい色は、白、ブルーのように、きりっとしたさわやかさを持った色。
グレーのクールなイメージが強調される、まさに王道のグレーコーデになります。

あとは、正反対の色調になりますが、ウォーム系の色も合わせやすいですね。
記事で紹介したブラウンやボルドー、また、こちらは取り上げませんでしたが、黄色やオレンジなど。
グレーに、やわらかくて落ち着いた雰囲気をプラスしたいときは、こうした色が良いと思います。

ベーシックカラーのグレーは、合わせられる色が多く、また、季節にとらわれづらい強みもあります。
白は春夏、ウォーム色は秋冬のイメージがありますが、生地を選べばオールシーズン。
グレーの包容力を生かして、多彩なカラーコーデを楽しみましょう。

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です