洋服コラム

骨格ウェーブのブーツは丈感がポイント。似合うアイテムの選び方・コーデ例

骨格診断は、似合う洋服を見つける指標になるもの。

この骨格診断は、洋服だけではなく、似合う靴を選ぶヒントにもなります!

とくに、ブーツは冬の間にへピロテするアイテム。似合う一足を見つけたいですよね。

本記事では、骨格ウェーブに似合うブーツ・似合わないブーツの特徴と、コーデ例を紹介します。

似合うブーツを見つけると、秋冬のおしゃれがさらに楽しくなりますよ。この記事が、あなたのブーツ選びの参考になれば幸いです!

骨格ウェーブの特徴

骨格ウェーブは、フェミニンな雰囲気を持つ骨格タイプです。

体のラインに丸みがあって、他の骨格タイプよりも華奢な印象を持ちます。

骨格ウェーブには、他にもこんな特徴があります。

骨格ウェーブの特徴
ウェーブの特徴

骨格ウェーブは、上半身が華奢。首が長く、鎖骨が細くうっすらと見えます。

また、脂肪がつきやすく、肌質がやわらかいのも特徴です。

そのため、女性らしい、やわらかい印象があり、フェミニンやガーリー系のファッションが得意です!

ガーリーファッション

また、大きな特徴のひとつが、バストやウエスト、ヒップの位置が、ほかの骨格タイプに比べて低く、重心が下にあります。

そのため、足が短く見えてしまったり、太く見えてしまいやすいタイプなんです!

それを意識して、重心を上げて見せるコーディネートをするのがポイント。

洋服やコーディネートでも参考になるポイントですが、ブーツも、この特徴を踏まえて選ぶと、スタイルアップして見せたり、あか抜けて見えたりします。

ここからは、骨格ウェーブのブーツの選び方について紹介していきます。

骨格ウェーブに似合うブーツの特徴・丈感

骨格ウェーブに似合うブーツは、つぎのような特徴があります。

  • 似合うブーツの丈……ロング丈・ショート丈
  • 似合う素材……エナメル、やわらかいレザー、スエードなど

他にも、骨格ウェーブは、体のラインが曲線的なので、爪先は丸いものが似合いやすいです。

白のショートブーツ

でも、ブーツは顔から離れているので、爪先は最重要ではありません。

「丸みのあるものを選ぶと、より似合う」ということだけ、頭に置いておくのがおすすめです。

どちらかというと「丈感」「存在感」のほうが、骨格ウェーブには重要。そこを意識してブーツを選びましょう!

ここからは、似合うブーツについて詳しく紹介していきます。

骨格ウェーブは、ロングブーツが似合う!

ロングブーツ

ロングブーツは、重心をあげて見せてくれるので、骨格ウェーブにぴったりです。

また、ロングブーツは足を長く、細く見せてくれるのも嬉しいアイテム!

ミニ丈のボトムや、ワンピースと組み合わせれば、スタイルアップ見せが叶います。

骨格ウェーブはショートブーツもおすすめ

骨格ウェーブは、足元を軽く見せる靴が得意です。

なので、丈が短くボリューム感の少ない、ショートブーツもおすすめです!

ショートブーツ

ヒールは細めか低めを選ぶと、より似合わせられますよ。

ファーのアウターやニットなど、ボリュームのあるトップスに、スキニーなどのすっきりしたボトムを合わせると、骨格ウェーブに似合う冬コーデになります。

骨格ウェーブが似合わないブーツの丈・特徴

ここまでは、骨格ウェーブに似合うブーツを紹介しましたが、苦手なブーツもあります。

とくに、つぎのようなブーツが苦手な傾向です。

  • ミディアム丈のブーツ
  • ゴツめの存在あるブーツ

ここからは、骨格ウェーブが、「ミディアム丈」と「ごつめ」のブーツが似合わない理由と、対策について解説していきます。

ミディアム丈は、足が短く見えてしまう

骨格ウェーブは、ミディアム丈のブーツが似合いにくいです。

そもそも、ブーツだけではなくスカートやパンツも膝丈が苦手なんです!

なぜかというと、膝の近くにラインがあると、下半身が重たく見えてしまい、骨格ウェーブに似合いにくいんですね……。

ミディアム丈ブーツ

そのため、骨格ウェーブはできるだけミディアム丈を避けるほうがおすすめ。

でも、どうしてもミディアム丈のブーツを履きたいときは、ミニ丈のボトムスを合わせたり、ボリュームのあるトップスを合わせたりして、目線を上にあげるのを意識しましょう!

ゴツいブーツは、骨格ウェーブになじみにくい

骨格ウェーブは、下半身に目線がいくようなアイテムやコーデが苦手。

そのため、足元が目立つ、ごついブーツは似合いにくい傾向です。

ドクターマーチン

厚底、ベルト付きなど、ハードなブーツは、足元が目立つうえに、骨格ウェーブのフェミニンな雰囲気になじみにくいです。

今、人気の地雷系のようなブーツや、ドクターマーチンの8ホールブーツなども、骨格ウェーブに似合いにくいブーツ。

もし、ごつめのブーツを履きたいときは、ショート丈のブーツを選んで、できるだけ面積を減らすのがおすすめです!

骨格ウェーブが、ムートンブーツを履きたいときの対策

ムートンブーツ

骨格ウェーブが苦手なブーツのひとつが、ムートンブーツです。

ムートンブーツはミディアム丈が多く、ボリューム感があって、下半身に目が行ってしまいやすいのが理由。

でも、ムートンブーツって暖かく機能性が高いので、冬に履きたい人も多いですよね。

ショートブーツ

ムートンブーツを選ぶときは、できるだけショート丈で、ボリュームの少ないものがおすすめ!

ショートパンツやミニスカートを合わせて、できるだけ足元を軽く見せるのがポイントです。

骨格ウェーブに似合う、秋冬のブーツコーデ例

骨格ウェーブに似合う、ブーツの選び方を紹介してきました。

せっかく似合うブーツを選ぶなら、お洋服のコーディネートもこだわりましょう!

ここからは、骨格ウェーブさんに似合う、ブーツを使った秋冬コーディネートを紹介します。

ミニ丈のニットワンピースとロングブーツ

骨格ウェーブは、「ゆったりトップス×短めボトムス」が似合うタイプ。

ミニ丈のニットワンピに、ロングブーツをあわせれば、骨格ウェーブに似合う秋冬のデートコーデが完成します!

ワンピースとヒール

こんなふうに、ブラックでまとめれば甘くなりすぎません。

骨格ウェーブは、フェミニンなアイテムが得意でついついコーデが甘くなりがち。

そのため、黒やグレーなど、落ち着いた色のアイテムを選ぶと落ち着いた雰囲気が加わります。

フェミニンさを出したいときは、ホワイトやベージュ、モカ系の色でまとめれば、甘くかわいいコーディネートになります!

ショート丈アウターと、ショートブーツ

上半身にボリューム感を与えてくれる、ショート丈アウター。

目線が上にいくので、骨格ウェーブにおすすめのアイテムなんです!

アウターとブーツのコーデ

ショート丈のファーアウターは、コーディネートの主役になるアイテム。

そこに、ミニスカートをあわせて、足元はシンプルにすると、骨格ウェーブに似合う王道コーデの完成です。

「足が太いから、出したくない……」と多うウェーブさんは多いと思いますが、思い切って出したほうが、すっきりして見えます!

どうしても気になるときは、引き締めカラーの黒タイツを取り入れてみてください。

ゆったりトップスとショートブーツの脚見せコーデ

ゆったりしたトップスで、ミニワンピ風にコーディネートをするのもおすすめ。

例えば、太ももくらいあるゆったりしたスエット、パーカー、ニットは、トレンド感もあるし、トップスが目立ちます。

アウターとブーツのコーデ

骨格ウェーブにとってバランスが良く、メリハリのある着こなしになります。

また、このようにヒール部分が、木になっている厚底ブーツなら、黒の靴底よりも足元が重たく見えないので、おすすめです!

まとめ

骨格ウェーブが似合うブーツは、つぎのようなもの。

骨格ウェーブに似合うブーツ
  • ロングブーツ
  • ショートブーツ
  • エナメル素材を使ったブーツ
  • やわらかいレザー素材のブーツ
  • スエード素材のブーツ

目線が上に行きやすいロングブーツか、足をすっきり見せるショートブーツを選ぶと間違いなし。

でも、その中間であるミディアム丈のブーツは、目線が下半身にいきやすいので、骨格ウェーブに似合いにくいです。

ベルトや厚底のごついブーツや、ボリューミーなムートンブーツも、苦手な傾向なので、選ぶときは注意が必要なんですね。

ブーツは、秋冬のあいだにたくさん履くものなので、似合うものを見つけると、寒い時期のおしゃれがさらに楽しくなります。

似合うブーツを選んで、秋冬をおしゃれに過ごしましょう!

ライター紹介

PETAL編集部

PETAL編集部

働く女性や、子育てで時間がないママの強い味方「ファッションレンタル」。結婚式やパーティーの気分を盛り上げる「ドレスレンタル」。PETAL(ペタル)編集部では、さまざまな洋服レンタルの紹介と、洋服の悩みを解決するTIPSをお届けします!

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です